若手介護職員と老年介護職員との融合?

若手介護職員と老年介護職員との融合?5413a734e612c4325c05b9f5d28291c7_s

私は特別養護老人ホームで働いている介護福祉士をしている男性です。

昨今は老老介護になりつつある介護業界ではありますが、私は介護職員は若手と年配の介護職員がしっかりと融合すれば、介護の質はあがると思います。

逆に、強い年配の方と強い若手の介護職員だけが引っ張っていく介護には現実感がないと思います。

どちらの世代の価値観も、うまく取り入れて

私は38歳のちょうどで、60代と20代の介護職員の中間にいる介護職員ですが、どちらの世代の介護職員の価値観を取り入れて介護しています。

例えば、若手介護職員はパソコンで記録を入力したいが、年配の介護職員は紙で記録を入力したがります。

全部とはいいませんが、パソコンで入力したほうが、情報の共有化は紙よりもデータが大きければ大きいほど有利です。

紙ベースでは、速記性のある排泄記録などは非常に利便性があります。

どちらも融合すれば仕事の効率性があがります。

他には、利用者さんが望んでいるニーズは、おりがみを折りたいとか、演歌を歌いたいというのがあります。

年配の介護職員は、演歌で利用者さんが何が好きかをいち早く感じ取ることができやすいと思います。

若手職員は、演歌をどうやって聴いてもらうかは、youtubeで大音量でパソコンで聴いてもらえば演歌歌手を無料で聴くことができます。

若手介護職員にしっかりと人間力の教育を

年配の介護職員が増えている昨今では、若い介護職員の力をしっかりと伸ばしてあげることが大事になります。

特に人間力を育てる年配の介護職員は、若手介護職員にしっかりと教育しなければいけないと思います。

もちろん若手の介護職員で、年配の介護職員よりも人間力がある人もいるとは思いますが。

介護の形も変わる

今後は、各年代層で介護の価値観がどんどんかわっていく世の中になると思います。

第4次産業革命がおこっている日本では、介護ロボットの導入もどんどん進んでいきます。

もしも利用者さんが介護ロボットを使いたいというのなら、どんどん介護ロボットを使うことが望まれます。

介護の形が変わるので、私も日々努力していきたいと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ