介護の仕事をしながら介護福祉士の資格を取得するコツ

介護の仕事をしながら介護福祉士の資格を取得するコツfcedd4bc84576973f9c6fad169ea18f7_s

転職者や介護者初任者研修の方が介護士の仕事に就き、まず目指したい資格が介護福祉士ですね。

介護福祉士の勉強はほとんどの方が仕事をされながら取得するのではないでしょうか?

しかし介護の仕事は肉体的にも精神的にもとてもハードです。

仕事が終わると、疲労で勉強どころではありませんし、頭に全く入りません。

やはり大事なことは勉強時間をとることと、もう一つ大事なのが「集中力」だと思います。

集中した状態で毎日1時間を半年位やれば、無理なく介護福祉士の資格は取れると思います。

まずは「朝」を活用

私は特別養護老人ホームで働いている時に、介護福祉士を取得したのですが、集中した時間をどう作るか工夫しました。

それは「」を活用することです。

遅番や夜勤の日ですと朝6時ぐらいに起き、8時ぐらいまでは出来ます。

朝なので頭も活発に動きます。

朝早く起きようと思うと夜を早く寝なくてはいけませんから、だらだら夜に無駄な時間を過ごすこともしなかったです。

次に、集中するための環境作り

早番の時には朝は出来ませんから、仕事が終わってからやりますが、その時はもう疲労困憊です。

なるべく集中出来るよう工夫しなくてはいけません。

そのためには集中するために「環境」を工夫しました。

終わってから喫茶店に行き、勉強しなくてはいけない環境に自分を持って行くことで「集中力」を作りました。

「過去問や問題集をやる」がポイント

また勉強効率ですが、参考書をすべて憶えるというのは効率が悪いのです。

そこでポイントが「過去問や問題集をやる」ということです。

過去問や問題集というのは大事なポイントを押さえていますから、過去問や問題集を中心に参考書を憶えるというように工夫しました。

そして同じ問題を3回解くということをします。

初めは、過去問や問題集というのを見てもまったく分かりませんが、3回目ぐらいになると解けるようになってきます。

そうなると勉強も楽しくなってきます。

苦しいのは初めの1回目と、勉強習慣が付くまでの最初だけです。

最初を乗り越えれば楽しくなってくるし、勉強習慣も付き効率も上がってきます。

応援しています。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ