介護職員初任者研修と今後取得できる資格について

介護職員初任者研修と今後取得できる資格についてjuken_rounin
今回は介護職員初任者研修の資格についてです。

まずは資格の概要・取れる資格について書いていきます。

  1. 介護職員初任者研修の概要
  2. その後に取れる資格

1.介護職員初任者研修の概要

介護職員初任者研修の概要についてです。

2013年4月から、ホームヘルパー2級介護職員初任者研修となり、

名称とカリキュラム内容が変更され、ホームヘルパー2級は無くなりました。

カリキュラム内容の時間は変わりませんが、内容が少し変更されました。

認知症の患者が増えた事により、認知症の分野が追加され、

ホームヘルパー2級では介護現場での実習が30時間ありましたが、

介護職員初任者研修では実習は必要に応じるとされています。

2級では修了後に筆記試験がありませんでしたが、

介護職員初任者研修修了後に筆記試験が行われます。

介護職員初任者研修の科目

介護職員初任者研修の受講のカリキュラムについて書いていきます。

  • 職務の理解→6時間
  • 介護における尊厳の保持の自立支援→9時間
  • 介護の基本→6時間
  • 介護・福祉サービスの理解と医療との連携→9時間
  • 介護におけるコミュニケーション技術→6時間
  • 老化の理解→6時間
  • 認知症の理解→6時間
  • 障害の理解→3時間
  • こころとからだのしくみと生活支援技術→75時間
  • 振り返り→4時間

合計130時間

講義と演習を一体で実施し、実習は必要に応じて実施しています。

その後の資格

ホームヘルパーの方々が保有している資格

  • 介護福祉士
  • 介護職員初任者研修修了
  • 実務者研修修了
  • 介護職員基礎研修修了

介護福祉士

実務経験ルートと福祉系高校ルートがありますが、ここでは実務経験ルートをご紹介します。

実務経験3年以上の方が、受験申込時いずれのコースを選択します。

実技試験を受けるコース

   筆記試験→実技試験→介護福祉士

実技試験を受けないコース

   介護技術講習→筆記試験→(実務試験免除)介護福祉士

   実務者研修(経過措置)→筆記試験→(実務試験免除)→介護福祉士

社会福祉士

※介護職員初任者研修ではあまり関係はありませんが、福祉系の仕事です。

福祉大学4年

   指定科目履修→相談援助実務2年→ 社会福祉士

福祉大学3年

   指定科目履修→相談援助実務1年→ 社会福祉士

福祉大学2年

   指定科目履修→相談援助実務1年→ 社会福祉士

大学4年

   基礎科目履修→社会福祉士

大学3年

   基礎科目履修→相談援助実務1年短期養成施設など(6カ月以上)→社会福祉士

大学2年

   基礎科目履修→相談援助実務2年短期養成施設など(6カ月以上)→社会福祉士

社会福祉士養成機関

   相談援助実務2年短期養成施設等6カ月以上→社会福祉士

 

介護職員初任者研修の資格について書かせていただきました。

資格のカリキュラム関することと、福祉関係の資格の取り方について書いていきました。

ぜひ参考にしてくださいね。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ