要チェック!介護職員初任者研修とホームヘルパー2級の違い

要チェック!介護職員初任者研修とホームヘルパー2級の違いenpitsu_mochikata今回は介護職員初任者研修の前の呼ばれ方である、ホームヘルパー2級についてです。

まず介護職員初任者研修とホームヘルパーを比べて、変更点などを書いていきます。

介護職員初任者研修は昔、ホームヘルパーと呼ばれていました。

2013年4月からホームヘルパー2級は、介護職員初任者研修に変更されました。

  1. 介護職員初任者研修について
  2. ホームヘルパーについて
  3. ホームヘルパー2級との違い

1.介護職員初任者研修について

介護職員初任者研修についてです。

従来の介護分野には、従来のホームヘルパー養成研修介護職員基礎研修、

介護福祉士など、様々な研修・資格が存在していました。

よりわかりやすくして介護人材の定着を図るため、一本化しました。

目的

介護職員初任者研修は今後訪問介護事業に従事しようとする者、

もしくは在宅施設を問わずに、最低限の知識・技術を適用する際の考え方を身につけ、

職場の上司の指示を受けながら、基本的な介護業務を実践可能とするを目的としました。

2.ホームヘルパーについて

ホームヘルパーは訪問介護員とも呼ばれていました。

ホームヘルパーは在宅の高齢者や障害者宅を訪問し、介護サービスや家事援助を行うホームヘルプ事業です。

介護サービスは、食事入浴排泄の介助です。

家事援助は、調理、洗濯、掃除の代行です。

利用者家族へ精神的ケアを行い、家族に介護技術の指導について基礎知識

連絡が必要になります。

3.ホームヘルパー2級との違い

介護職員初任者研修とホームヘルパー2級の違いです。

カリキュラムの違い

介護技術を習得する時間が増え、認知症に関する理解が増えました。

またホームヘルパー2級では介護現場での実習が30時間ありました。

ですが、介護職員初任者研修実習を行うのは必要に応じるとされています。

さらに介護職員初任者研修では修了時に筆記試験が行われ、合格しないと修了書が発行されません。

(訪問介護員養成研修2級課程)

講義58時間

  • 社会福祉の基本的な理念及び福祉サービスを提供する際の基本的な考え方に関する講義→6時間
  • 老人保健福祉及び障害者福祉に係る制度及びサービス並びに社会保障制度に関する講義→6時間
  • 訪問介護に関する講義→5時間
  • 老人及び障害者の疾病、障害等に関する講義→14時間
  • 介護技術に関する講義→11時間
  • 相談援助に関する講義→4時間
  • 医学等の関連する領域の基礎的な知識に関する講義→8時間

実技講習42時間

  • 福祉サービスを提供する際の基本的な態度に関する演習→4時間
  • 介護技術に関する演習→30時間
  • 訪問介護計画の作成等に関する演習→5時間
  • レクリエーションに関する演習→3時間

実習30時間

  • 介護実習→24時間
  • 老人デイサービスセンター等のサービス提供現場の見学→6時間

計130時間

次に介護職員初任者研修の授業内容、カリキュラムについてです。

介護職員初任者研修の科目

  • 職務の理解→6時間
  • 介護における尊厳の保持の自立支援→9時間
  • 介護の基本→6時間
  • 介護・福祉サービスの理解と医療との連携→9時間
  • 介護におけるコミュニケーション技術→6時間
  • 老化の理解→6時間
  • 認知症の理解→6時間
  • 障害の理解→3時間
  • こころとからだのしくみと生活支援技術→75時間
  • 振り返り→4時間

合計130時間

講義と演習を一体化で実施、実習必要に応じて実施とカリキュラムが少し違います。

 
介護職員初任者研修とホームヘルパー2級の違いについて書いていきました。

カリキュラムの内容は大幅に変わりました。

参考にしていただけたらと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ