【介護口コミ】施設介護職員のきつい?肉体労働について

【介護口コミ】施設介護職員のきつい?肉体労働について028932

自分は特別養護老人ホームで10年間介護職員をしてきました。

介護職員の肉体労働はきついのが現実です。

特に施設の職員は施設内をぐるぐる走り回る傾向の忙しさがあります。

これは利用者さんの人数が多いというのと、介護職員の数が足りないから起こってしまいます。

腰を壊しやすい傾向にある介護職員

介護職員は認知症の方も利用者さんとして介護しますから、施設の介護職員は特に夜勤だと少ない人数で夜勤をまわしているから、かなりな肉体労働になっていると思います。

精神的なストレスもたまると、肉体的にもかなりな労力が負の連鎖で出てきてしまいます。

介護職員はまた、肉体労働で腰を壊しやすい傾向にもあります。

まだ介護ロボットが普及してるとはいえない状況ですから、なかなか介護技術だけでは難しいかもしれません。

腰痛防止ベルトが今は最善策だと思います。

後はストレッチです。

疲労から利用者さんに冷たくあたってしまう・・

施設介護職員の肉体労働はきついから、精神的なストレスにもなりイライラしてしまいます。

それで利用者さんに冷たくあたる傾向もあるのも現実です。

でも、肉体労働がきつくてストレスがたまるから虐待をしてもいいという考えだけはやめるべきです。

肉体労働を、どうやってきついのをなくしていくのかを考えていくのも、介護職員の技量やアイデアにかかることが大切になってくると思います。

それが肉体労働の労力の削減につながり、利用者さんにも丁寧な対応ができてくると思います。

体調管理をし無理をしないこと

後は肉体労働であることは現在でも変わりはないので、日頃の体調管理も大事になってくると思います。

だから施設でも在宅の介護職員は、感染対策や健康診断などをしっかりとやるべきだと思います。

ここをおろそかにしてしまわない事が大切になってきます。

介護職員の肉体労働では、あとは無理をしないことです。

肉体労働がきつかったら、周りに助けてもらうこともかなり必要になってくると思います。

一人で解決できなくても、部分部分で二人で介護をすれば、肉体労働が楽になるケースもあることを忘れないでください。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ