介護の入浴について考えてみた

介護の入浴について考えてみた4f14b63fdcccc648038753da33a57a7d_s

自分は介護福祉士として働いてみて、入浴のあり方はいろいろ聞かされてきましたが、マニュアル通りだと今は個浴が当たり前みたいな感じになっていると思います。

確かに老人が自立していて、シャワーを浴びて湯船に入浴するのは、向いているかもしれません。

しかし、よく麻痺があっても個浴が当たり前だったり、担いで個浴に入ることまでしているのはどうかなあと思います。

例えば自分にあてはめると、寝たきりの状態で湯船に入った方が楽な時もありますよね。

特に体力が消耗しているときに、座り続けて入るのはきついときもあります。

入浴パターンも個別に違って当たり前?

これは何故こんなことになるかというと、患者様からの意見うまく拾えないからいろいろな意見が出てしまうと思います。

やはり、人はそれぞれ入浴パターンなど個別に違います。

だからこの入浴方法が一番いいというのは、生活していたら個人の価値観になります。

だからよく介護では入浴のやり方を一つにしてしまいますが、それはマニュアルをあてはめているだけのように思います。

個浴がいいという人も、病気の状態で寝て入りたいという人など、多様な考えがあるのは当たり前だと思います。

いろいろな入浴方法の勉強が課題に

入浴の仕方をマニュアル通りに学んで、自分は必ず何故このようなやり方が当たり前なのかを疑問視して、いろいろな入浴の仕方を勉強するのが介護ではこれからは課題になってくると思います。

設備などのお金ももちろんありますが、介護に携わる人が増えていろいろな考えがこれからは増えてくると思います。

ここの部分をみんなが考えてくれると、また介護の業界の質は上がってくると思います。

入浴方法も時代の変化に合わせて

入浴は海外ではシャワーだけの人もいます。

これからはシャワーだけの日本人が介護を受けるときがくると思います。

その時に価値の多様性もかなり必要になってくると思います。

入浴のロボット化もくるかもしれません。

それは時代の背景などと共に変わってくるかもしれません。

介護も時代の変化に入浴方法を合わせて、個人のニーズに合っていくべきだと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ