「介護支援専門員」の資格の取り方

「介護支援専門員」の資格の取り方job_kaigoshi_woman

介護支援専門員を取得する方法

自分は介護支援専門員の資格を平成27年度にとりました。

自分は、介護経験5年以上で尚且つ介護福祉士の資格がありましたので免除科目があり、45問でした。

今は制度が代わって免除科目がなくなりました。

介護支援専門員は筆記試験があり、各科目7割以上とらないと合格できませんから、幅広く勉強して合格しないといけないです。

筆記試験は介護支援分野と医療福祉分野があり、マルチな知識が必要になります。

特に介護支援分野は、介護保険の内容をよく知らないといけません

その上実務経験がない状態で勉強していくので、とても大変だと思います。

study_night_girl

効率的な勉強の仕方

資格の勉強の仕方は独学でやりました。

一冊のテキストと過去問と予想問題と一問一答を、ひたすら約一年間かけて勉強してやっと資格をとりました。

自分は二回目で筆記試験を合格することができました。

筆記試験の難易度は、介護福祉士と同じレベルの問題が出ますが、合格率が15~20%なのはやはり各科目が7割以上取らなければ合格することができないということだと思います。

医療や福祉経験者が資格を受けて、このくらいの合格率ですからやはり合格した方から聞くと、相当な勉強時間や量を費やしたといっています。

books

資格取得までの流れ

介護支援専門員は筆記試験が合格してから実務者研修という講座を受けます

そして、各都道府県に登録してはじめて介護支援専門員の資格を取得することになります。

実務者研修は遅刻や早退や欠席を1日でもしたらその年の実務者研修をもう受けることができなくなります。

来年に実務者研修の研修途中経過から講座を受けなければいけません。

体調管理には充分に気を付けていかなければなりません。

実務者研修中に実際に介護保険を使われている、要介護度がついている在宅の利用者様の家に行き、認定調査とケアプランの作成するのが、かなり緊張します。

研修は試験はありません。

講座をしっかりと出れば合格するという仕組みになっています。

介護の質のレベルを上げたいと思ったら資格取得も1つの手だと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ