介護士(看護助手)として老人ホーム(老健)などで働こうと考えている男性について

介護士(看護助手)として老人ホーム(老健)などで働こうと考えている男性についてkaigo_bed_ochiru

求められる男性介護士

少子高齢化が進む現代において、介護士の活躍が大いに期待されているかと思われます。

専門学校などで介護福祉士等の資格を取得して老人介護施設で働く職員で、男性の介護士は現状まだ少ないように思えます。

職場にもよるかと思いますが、女性介護士の10分の1~2人くらいではないでしょうか。

女性が働いているイメージを持っている方も、いらっしゃるかと思われますが、働くうえで男性がいて助かったと思われる事は沢山あります。

 

男性介護士の優位な点

男性介護士の優位な点で、まずあげられることは女性との力の差であることです。

介護の仕事は、患者様に自制を促すことと、介助を行ってあげる事です。

この介助というのは介護士に中でも、腕の見せ所でもあるのですが、介護士の方に力があれば介助が楽になることがあります。

例えば、患者様を車椅子からベッドへ移動させてあげるときなど、患者様と息をあわせながら、介助を行うのですが、どうしても患者様が立ち上がれない時があります。

こういった時、女性の介護士であれば近くの介護士に応援を要請して患者様の介助を行う訳ですが、力に自身がある男性であれば、患者様を持ち上げる事ができます。

少し強引な方法に見られるかもしれませんが、しっかりと患者様の症状を理解して、痛めている患部などに触れないようにしてあげれば、患者様に負担をかけることなく移動させてあげる事ができます。

些細なことのようですが、他の介護士の手を止める機会が少ないという事はそれだけ、多くの患者様のケアを行ってあげる事ができるということに繋がります。

また、認知症患者様で症状に苦しみ突発的に行動される方もいらっしゃいますが、中には暴れてしまっている患者様で力が強い患者様がいます。

女性の介護士では、複数人で患者様を抑える事もありますが男性であれば、安全に行動を抑えてあげる事ができます

即座に対応してあげることで、怪我をさせてしますリスクなども少なくなりますので男性介護士に期待をしている施設が多くあります。

 

男性介護士のデメリット

男性としてのメリットがある反面、もちろんデメリットなども当然あります。

お風呂の介助やトイレ内での解除おこなう際、異性であるが為に介護士が意識していなくても、患者様が不快に思われる事はあるようです。

そういった際は事前に患者様に確認をおこない女性の介護士に一時的に患者様を引き継ぎを行いましょう。

メリット、デメリットありますが男性介護士がいて助かったと思われる場面は多いので、資格を取得ているならば介護施設への入職されることを検討ください。

また、現場で働かれている男性介護士は、これからの活躍に大いに期待しています



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ