介護職の面接の実態

介護職の面接の実態

介護職で採用される人材とは?!

企業側としては介護福祉士の取得している職員が一定数を超えると、サービス提供体制強化加算を算定出来るというメリットもある事から介護福祉士を取得している。

有資格者と無資格者であれば有資格者を採用したいというのが率直な考えるであると考える。

しかし、介護の仕事は非常に離職率も高く、特に小規模の介護事業所を切り盛りする管理者としては人員もギリギリである事から出来る限り長く働いてくれる人を採用したいという気持ちもある。

介護職の面接で必要な事

介護職につく人を悪くいうつもりはないが、困っている人を助けたい、高齢者を助けたいという思いがある人ばかりがその職につくという事はなく、他に仕事が無いから仕方なくという人も居るのが事実である。

面接官としては出来るだけ良い人とに来てもらいたいという思いもあるため、面接では出来るだけスーツを着用し敬語を使えるということが大切である。

実際に面接に来る人については私服で来る人や面接時にも敬語を使えないという人も多い

また、介護職員を退職して次の職場を探される人も居ると思うが、介護の世界は非常に狭いので、前職の退職時にあまりに揉めるとその情報も次の職場には筒抜けであるということもある。

特に在宅介護事業であれば横の繋がりも多く、場合によっては面接に来る人の情報を確認なんていうこともあるので退職時には円満退職が理想であるといえる。

介護職の本当の魅力

介護報酬も引き下げが続き、国の方針としても今後も社会保障費の抑制を考えていることから今後は職員の引き抜きということは少なくなると考える。

また、引き抜きがあった場合も給与が大幅に上がるということも難しい。

介護の仕事に就く人について助言出来ることがあるとすれば、介護職は決してお金持ちになれる仕事ではない。

個人的には人の為になることが出来る。

人の喜ぶ顔が見たいという気持ちがあるという人に頑張ってもらいたいという思いもある。

最後に言えることはそういった気持ちがあるということを伝えていくことが大切である。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ