介護の給料について

介護の給料についてmoney_kyuuyo_kyuuryou_meisai

平均給料について

今回は介護職の給料についてです。

介護職員の平均的な月収は15~25万円程度です。

介護福祉士の資格を持っていれば、資格手当で1万円プラスされる事業所もあります。

夜勤の場合は1回で1万円支給の所もあります。

介護福祉士→18~25万円

介護職員初任者研修→15~23万円

介護支援専門員(ケアマネージャー)→22~27万円

社会福祉士→20~25万円

介護事務→15~20万円

医療事務→16~22万円

看護師→23~30万円

平均的な給料です。

job_kaigoshi_woman

介護福祉士の福利厚生

介護福祉士は公務員採用の職場もありますので、福利厚生の対応もされているところもあります。

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)は、正社員として雇用が少し難しく、月収が安く、あまり安定しません。

介護支援専門員(ケアマネージャー)は、人手不足なので、雇用にはあまり困らないでしょう。

給料も他よりも安定しています。

社会福祉士は雇用が求められており、安定性、将来性は高いですが、職場により月収や待遇には大きな差があります。

介護事務は安定して長く働きやすいですが、月収が低めです。

ですが、月末から月初めは残業が多く、月末と月初めは忙しい可能性があります。

看護師は給料が高く、残業が多く、勤務が忙しい可能性があります。

money_fly_yen

手当について

介護職員の手当ての種類です。

・住宅手当

・家族手当

・職務手当

・残業手当

・通勤手当

–住宅手当–

住宅手当とは企業が従業員に住宅費用を補助する福利厚生の事です。

支給される手当で「賃貸物件の家賃の一部を負担するケース」「持ち家の住宅ローン返済を補助するケース」に分類されています。

金額は法律では決まっていないので、企業によって金額が異なります。

一部負担のケースが多く、月に1~2万円前後が多いです。

 –家族手当–

扶養家族を持つ労働者にその生活を維持させるための手当です。

平均的に配偶者に1万円程度、子供1人に5000円程度が支給されるケースがあります。

外国では家族手当がない場合が多く、日本独自手当です。

–職務手当–

職務手当とは、介護職員として職務に従事される事で支給される手当です。

対象は介護福祉士、社会福祉主事、社会福祉士、介護支援専門員に適用される場合があります。

–残業手当–

労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合に発生する手当です。

1カ月に残業時間が60時間を超えた場合は5割以上の率で計算した割増賃金を支払わなければなりません。

–通勤手当—

通勤のため自動車などの交通手段を使用している給与所得者に支給するのが通勤手当です。

上記が介護職の給料についてでした。

参考にしていただけたらと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ