「介護福祉士になるには」そしてその利点

「介護福祉士になるには」そしてその利点obaasan_kurumaisu

介護福祉士とは

まず、介護福祉士とは何なのかを説明します。

社会福祉士精神保健福祉士と並ぶ、福祉系三大国家資格の一つです。

社会福祉士及び介護福祉士法で設けられました。

社会福祉業務、特に身体介護や生活援助、入浴補助などに携わる人の国家資格です。

別名では、ケアワーカーと呼ばれています。

介護福祉士になるためには専門学校もしくは短期大学福祉系の四年制大学の卒業が必須となります。

授業を受け、実際に実習経験をそれなりに経験すると受験資格をもらうことが出来ます。

 

仕事の内容

 主な仕事

介護福祉士の仕事内容としては、高齢者など、介護保険制度の利用者の介護、利用者や利用者の家族に対する介護に関する指導、利用者やその家族との信頼関係の形成介護記録の作成などがあります。

高齢者など、利用者への介護を行う際には、その利用者や家族が抱える問題を解決するために、食事や排泄、入浴などの介護を行います。

加えて、介護福祉士は、診療の補助として喀痰吸引を行うなど、重要な仕事もします。

 

介護に関する指導

利用者や家族に対する介護に関する指導では、利用者の自立や家族介護者の介護負担をなるべく軽くすることができるよう、利用者の特徴に合った公立的な生活動作の方法などについても考え、指導していきます。

利用者やその家族との信頼関係の形成については業務とは少し異なりますが、信頼関係が成り立っていなければ介護の知識を活かした援助を行うことができません。

そのため、利用者やその家族との信頼関係を築くことはとても重要で不可欠です
介護サービスを受ける利用者にとって、介護福祉士は、他人です。

支援に必要であるとは言っても個人情報を渡すことになリますし、排泄や入浴などの行動についても観察され、指導され、介助されることになります。

普通では嫌な気分にもなります。

ですから、絶対的な信頼と利用者や家族に思ってもらうことは必須です。

 

記録

また、利用者に実施したサービス内容や利用者の状況について記録するのも介護福祉士の仕事です。

さらに、利用希望者との面談を行ったり、新人職員の研修、実習生の指導など、実に様々な業務に日々追われることになります。

 

纏めますと、かなり業務はキツイです。

あと、専門職のカラーが強いので半端な覚悟でこの業界に入ると苦労します。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ