介護職未経験の方への「施設紹介」

介護職未経験の方への「施設紹介」

「介護職未経験の方」へお勧めの施設紹介

今回は介護職に転職を考え、未経験な方が実際に働くとして、その働く現場について書かせて頂きます。

まずは、多かった質問の中から、訪問介護や通所介護など、介護職で関わりのある施設について書きます。

「質問」

Q免許は無いと転職は難しいですか?

A免許が無くても働けます

実際に施設で免許を持たずに働いている人もいます。

Q介護職に転職しようと思っているのですが、何か気を付けた方が良い所はありますか

Aまずは現場を実際に体験した方が良いです。

働く前に施設の見学をしてから働くと良いと思います。

働きながら、自分が続けていこうと思ったら、資格を取ったら良いと思います。

しかし資格があれば転職はしやすくなります。

ですから資格はあると便利ですが、実際に現場を体験してから決めるのがおすすめです。

 

介護老人施設の種類

「訪問看護」

利用者が自宅で身体介護と生活援助が受けられます。

身体介護は、入浴介助、食事介助、着替え介助、外出介助、体位変換介助などです。

生活援助は買い物や食事作り、掃除などです。

「通所介護」

デイサービスなどに日中通い、食事、入浴介助や整容(爪切りや洗顔)などが受けられます。

 「特別養護老人ホーム」

寝たきりの状態など常時介護を必要とする人の生活の場です。

サービス内容は身体介護や生活援助が受けられます、

入所した人の多くは、特別養護老人ホームで余生を暮らす事が多いです。

長期入所が可能です。

利用料金は安いです。

医学管理下のケアは限定的であまりされていません。

入居難易度は高く、厳しいです。

 「介護老人保健施設」

自宅に戻るために、医師による管理下で、作業療法士によるリハビリテーション、栄養管理、食事、入浴などを提供する施設です。

要介護認定を受けた方の内、病状が安定していて入院治療の必要ない要介護1~5の方で、リハビリテーションが必要な方が対象です。

 「グループホーム」

認知症の高齢者が共同生活を送りながら、身体介護と機能訓練を受けられます

1人で着替えや食事などが出来なくなり、病気のため日常的な医療ケアが必要になった場合は出ないといけません。

比較的軽い認知症の方が入る所です。

医療ケアには基本的に対応してない所が多いです。

利用料金が高いです。

入居の難易度が高く、厳しいです。

 「有料老人ホーム」

元気な時から入居できる所と要介護になってから入居できる所がありますが、それぞれのホームで受けられるサービスや特徴が違います。

年齢や健康状態などによって選べるホームは異なります。

高齢者のための施設ですので、60歳以上や65歳以上とする所がほとんどです。

 

kaigo_family

まとめ

介護職の仕事内容が知りたい方は、このサイトの1つ前の仕事内容と書いてあるのを参考にして下さい。

今回は、介護職で働くとして介護現場の選択肢について書かせ頂きました。

 訪問介護は自宅に訪問して、介護サービスを提供します。

通所介護は、日中に日帰りで、入浴、食事などのサービスが受けられる施設です。

特別養護老人ホームは特養とも呼ばれ、自宅で介護が困難な重度な人が入る施設です。

老人保健施設は、重度な要介護者が、在宅に戻るのを目指すための施設です。

グループホームとは認知症の方が集められ、少人数で共同生活をする施設です。

有料老人ホームは入居条件の受け入れ幅が広く、特別養護老人ホームより入居がしやすい施設です。

今回は未経験の方が現場で働くための施設について書かせて頂きました。

参考にして頂けたらと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ