介護資格は経験と資格を同時進行で取得でお得!

介護資格は経験と資格を同時進行で取得でお得!

kaigo_kurumaisu

介護福祉士の現在

介護といえば、今まで身体を使った重労働のイメージがあります。

食事介護、排泄介護、入浴介護と言う3大介護が主流でした。

近年、厚生労働省より介護職へ腰痛予防や利用者を人として考えてから介護を手掛けるよう通知や法改正がなされています。

ですから、以前に比べ身体を使う介護から考える介護へシフトされつつあります。

では、介護における唯一の国家資格である『介護福祉士』を社会人が仕事をしながら取得するための最良ルートを挙げてみます。

 

jisyo_jiten_boy

「介護福祉士取得」最良ルートとは?

1、初任者研修(旧ヘルパー2級)

1年目に取る資格です

講義受講と受講中の簡単な試験を受けて取得します。

社会人を対象とした講座が多く、休日や夜間開講もあります。

無資格で就労できるのは、施設と通所(デイ)のみです。

この資格があれば、施設と通所(デイ)と訪問(訪問介護)、介護における全職場が対象となります。

2、実務者研修(旧ヘルパー1級)

2年目から3年目に取る資格です。

6ヶ月の講座在籍中にレポートを提出、スクーリング6~10日間です。

スクーリング中に介護実技試験があります。

取得しなければ、介護福祉士を受験することはできません。

介護現場就労者を対象とした講座が多く、日程も受講しやすく考えられています。

この資格は、介護における責任者資格です。

役職に就くことが可能です。

ここまでで、介護職実務経験3年になっています。

では、介護福祉士の受験申し込みをしてください。

3、介護福祉士(国家資格)

介護職実務経験3年以上、実務者研修修了で受験できます。

受験勉強方法はさまざまで、テキストをつかい自宅で勉強や受験対策講座を受ける人もいます。

一度、合格し介護福祉士として登録すると、一生ものの資格となります。

この資格は管理者、責任者、現場指導者の役割も課せられた資格です。

確実に資格手当がつきます

ここまでで、介護実務経験4年になっています。

では、1年間で介護支援専門員資格の準備をします。

study_daigakusei_woman

「5年以上」で受験できる資格

4、介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護職実務経験5年以上で受験できます。

この資格は公的資格ですが、医療、福祉の国家資格取得者が目指す資格です。

また、介護保険法での介護サービス全般に対し連絡調整を行う資格ですが高齢者介護分野からも一目置かれる資格です。

なぜならその難易度を知っているからです。

基本資格と介護職実務経験があれば、試験は合格するまで、何度でも挑戦できます。

ここまでで、介護福祉士を取得して介護職実務経験5年以上になっています。

5、実務者研修教員

介護福祉士、介護福祉士取得して介護職実務経験5年以上、介護支援専門員、実務者研修教員の資格で、すべての研修教員ができます。

経験と資格が同時進行で取得でき、昇給も見込めます。

段階的に向上するため自信もつきます。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ