介護と他の職員との連携について

介護と他の職員との連携について

連携の必要性

特別養護老人ホームの介護福祉士として働いてきて、思うことは介護と他の職種との連携がもっとうまくいけばいいと思います。

これは資格という固定概念がかなり強く、それぞれの主張が強くてまとまりにくくなっていると思います。

資格は手段であってステータスを全面に出すものではないと思います。

特に医療系の資格は、何故かすごく強く発言力が強すぎて仕事に支障をきたしてしまうことがあります。

患者様からみればどの資格を持っていても、普通に優しく接してくれればいいですが、資格という概念が邪魔をして患者様のニーズを達成することができなくなっているケースが多いです。

これはコミュニケーション力もいりますが、やはり資格の概要をいろいろな職種の人たちがとっぱらった仕事に対する姿勢をすればいいと思います。

school_print_kubaru

規制緩和が必要だと思う理由

介護と看護職員の規制を、なくしていけばいいと思います。

最近は痰の吸引や経管栄養を介護職員が研修を受け、事業所が都道府県に申請し許可を得て家族の同意があれば実施できる制度があります。

まだまだこの制度が全国に行き届いてないのが実態ですが。

こういった規制をなくしてできていくことが資格の既得権益をなくしていき、互いに職種間の歪みがなくなっていくと思います。

medical_houmon_iryou_man

医療と介護の連携の必要性

後は医療と介護の技術革新がすすめば、医療介護や看護などの別々なことをやらなくても一体性が出てくると思います。

後は人間力をどうやって伸ばしていくのかが、職種の連携になると思います。

ここはしっかりと教育が必要になってくると思います。

今までは職種間の協力しようと口先や、うわべだけでしたが、これからは職種間の連携がかなり大事になってくると思います。

医療も介護の勉強をして、介護も医療の勉強をしなければいけないと思います。

そしてコスト管理や経営的なものを考えていけるようなシステムや人材を育て上げなければいけないと思います。

いろいろな職種との連携がうまくいって本当の患者様視点の仕事がやって来る日も遠くはないかもしれません。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ