介護施設での仕事で、夜勤後から次の日の仕事の前までにできること

介護施設での仕事で、夜勤後から次の日の仕事の前までにできることrelax_boy

身体の痛みと疲れ

私は、幾つかの介護施設での仕事を経験しています。

訪問介護も、特別養護施設も、経験しています。

特に介護の仕事は、身体の痛みとの闘いという一面があります。

私はひび、腰の痛みに悩まされていました。

夜勤もして、疲弊しきっていたのです。

夜勤が終わって、朝に家へ帰っても、次の日の勤務のことが頭から離れず、ぐっすり休める気持ちになりません。

私は後になって、夜勤の仕事が終わった朝に、どのように過ごすのがよいのかを考えるようになりました。

ただ家へ帰って、明日のことを考えて悶々と過ごすよりも、何か有意義な過ごし方があるのではないかと思ったからです。

勿論、夜勤明けですので、身体はくたくたです。

仮眠時間はありますが、殆どよく眠れません

 

利己的な衝動

そんな中で、どう有意義に過ごすのか、不思議に思われる方もいるでしょう。

まず、私は自分がとても危険なことをしていると気付きました。

それは、夜勤後の運転です。

居眠り運転と隣り合わせの運転で、今までどうして事故を起こさなかったのか、本当に不思議なくらいです。

夜勤が終わると、施設からは離れたい一心で、衝動的に車を走らせていたのです。

ですが、ふとしたときに、それはとても利己的な衝動なのではないかと、急に思ったのです。

 

有意義な過ごし方

車で眠る

それから行ったことは、車で眠ることでした。

今は、窓ガラス越しに車内が見えないように。

目隠しできるシートなどがありますね。

それを使って、車と外の世界を遮断して眠ります。

駐車場できちんと眠ることがベストです(駐車場が無理な場合は、ほんの少しだけ車を走らせて、眠れる場所を探します。交通表示にきちんと従います。ですが、夜勤後はくたくたです。施設の駐車場にもいたくないと思われる方もいるでしょう。ですが、駐車場で眠ることをお勧めします。)。

そして起きると恐らく夕方くらいになるでしょう。

車で眠ることは、更に身体の痛みを助長させてしまうと、思われる方もいるはずです。

ですが、交通事故を起こすよりは、それがいいと感じています。

 

銭湯へ行く

起きて、運転をし始めたら、銭湯まで行きます。

銭湯のお風呂でゆっくりと寛ぎます。

私の近くには、源泉掛け流しのお風呂があるので、そこへ通います。

車には、次の日の準備もしてあります。

銭湯へ行くと、不思議なことに、気持ちも楽観的になるです。

家ではどうしても、悶々と過ごしてしまいがちでした。

ですが、銭湯へ通うことで、悶々とした気持ちが軽減されたのです。

そのまま車で眠って次の日を迎えることもあります。

 

いずれにしても、次の日に忘れ物をしないように、次の日の準備もして、車にその荷物を載せておくことが大切です。

このような方法で、夜勤明けから次の日までの間を、有意義に過ごせるようになりました。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ