【介護口コミ】介護職はやはり男性が必要?

【介護口コミ】介護職はやはり男性が必要?546405

自分は特別養護老人ホームで介護福祉士として働いています。

最近は男性が介護職員になるケースが昔より増えました。

男性が介護職員として働くことのメリット・デメリット

男性が介護職員として働くことのメリットは、男性の利用者さんと同性として気持ちが男性目線でみれるメリットがあります。

後は男性は理論的な思考能力があるから、介護の考え方の幅が広がることが一番大きいと思います。

デメリットはやはり介護職員の賃金の安さです。

男性が女性を養っていくと考えると、介護職員は現在は厳しいかもしれません。

介護職員を男性がやって行く場合のニーズ

もしも今後介護職員をしていくなら、男性はただ排泄と入浴と食事の介助をしているだけでは駄目だと思います。

もっと生活の多様性と利用者さんのニーズを探していくのが大事になってくると思います。

男性職員は介護の現場では力仕事があるときに向いています。

男性職員がいると、利用者さんの移乗を重くてもできることがプラス作用だと思います。

ただし力まかせに介護してしまい、腰痛になってしまう危険があるから注意が必要になってくると思います。

男性と女性で一緒に介護問題の解決を

介護の現場では、今は男性と女性のアイデアはかなり必要になってきていると思います。

自分は介護職員を10年間やってきて、介護職員は男性が必要になっていると感じます。

男性の介護職員は感情的になりにくい人が多いように思います。

利用者さんの前で感情的になってしまうと、利用者さんは頼みたくても我慢してしまうことがあります。

利用者さんの我慢は介護の質を下げてしまいます。

利用者さんに我慢させない介護が今後必要になってくると思います。

もしも今後介護職員に男性がなりたいと思ったら、お金のことはおいておいたらすごくやりがいはある仕事だと思います。

利用者さんのニーズを探していき、介護の課題がたくさんあるから解決していくという仕事があるので、介護問題を解決したらすごく重宝されると思います。

自分も介護職員で男性がなってくれて、一緒に介護問題を解決できるパートナーが多ければ嬉しく思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ