介護職の体験談【優しい心で認知症の介護を】

介護職の体験談【優しい心で認知症の介護を】illust2291

優しい心で認知症の介護を

介護は人の悲しみ苦しみ痛みに直接かかわってきます。

その方の気持ちを理解する努力も必要です。

そしてその方がいかに充実した人生を送っていただけるか介護はここの所にかかわってくる重要な仕事です。

現在の日本は高齢化が進み認知症になる方が増えています。

「認知症」は正常な脳の働きが、後天的に何らかの病気によって低下した状態のことです。

いわば、脳の病気です。

介護は本人の欠点を見るのではなく残された健康な心を見て常に相手の立場を思いやり、しかも対等な接し方が要求される仕事です。

精神的な厳しさもある仕事でもありますが生きがいややりがいを感じる事ができます。

言葉も大事です。

何気ない一言が相手を傷つけてしまうこともありますしちょっとした一言で相手に勇気与える事もあります。

認知症の特徴と接し方をを簡単にしましょう。

普通誰でも物忘れをすることはあります。

健康なお年寄りの正常な物忘れと認知症の物忘れには違います。

単なる老化の物忘れはその言葉を言われると思い出せますが、認知症の物忘れはヒントを言っても思い出せないですね。

例えば財布の置き忘れは誰にでもある事ですが正常な物忘れは財布をカバンから出して置いた事を覚えています。

でも何処に置いたか忘れる事があります。

こういう時はヒントを言うと思い出します。

例えば「カバンからお財布を出してどこに行ったの?」と行った先をたどってもらったりすると思い出すという事もあります。

認知症の物忘れはお財布をカバンから出したこと自体忘れてしまいます。

認知症になると様々な症状が出て介護者を悩ませます。

今まで出来た事が出来なくなったり徘徊妄想など思いがけない事も起こるようになります。

そのような事が起きると問題行動と思われますが徘徊はあてもなく歩いているのではないです。

昔住んでいた家に帰ろうとしてわからなくなってしまって歩き回ってしまったとかご本人には理由があります。

そういう行動を困ったもんだと思うんじゃなく、なぜそうするのかを考えてあわてず冷静に対応すればケアの方法はきっと見つかります。

一般的な認知症の方の対応方法として①失敗を決して責めたり叱ったりしないでください。

例えば失禁をして一番困っているのはご本人です。

「私、どうしたんだろう」と困ったり悲しんだりしているのです。

②何か説明するときは「あれ」「これ」とは言わず具体的に言いましょう。

物の名前などはっきり言ってください。

③何か行動するときは2つの事を1度に言わない事。

「ごはん食べてから、散歩に行きましょう」ではなく「ご飯食べましょう」食事が終わってから「散歩に行きましょう」と言うようにします。

認知症の方に関わる時本人が何かをしようとしている事や、心配している事をよく聞いてその心をくみ取ってください。

そして納得が得られるように温かい対応をする事が大切です。

それには介護者が認知症の特性を理解し少しくらいの間違いは大目に見てあげられる心のゆとりを持ちたいです。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ