【56歳 男性】退職後も10種類の仕事に多忙な毎日です

【56歳 男性】退職後も10種類の仕事に多忙な毎日です522800

あなたの性別と年齢を教えてください。

56歳 男性

以前と違うなと感じる点はありますか?

56歳も半ばを過ぎました。

毎日大変忙しく過ごしています。

10種類の仕事を持っているので毎日てんてこ舞いです。

1日は4時から始まり10時ころまでです。

その間30分ごとのスケジュールで動いています。

退職してからずっと鉄道ダイヤに近い生活をしています。

妻には食事の時間だけ協力してもらいます。

後の時間は全部自分で自由に設定することができます。

自縄自縛の生活タイムです。

その仕事の内容については説明しませんが、サラリーマン時代のほうがある意味気楽でした。

収入もありました。

今は忙しいだけの生活が、365日延々と続いています。

いつまでこんな生活を?

いつまでこんな生活をやっているのだろうとふと思います。

結論は死ぬ直前か動けなくなる直前までやっているのだろうなと思い納得して終わり、また現実の仕事に戻っていきます。

世の中の私のような立場の人は時間を持て余している人が多いようです。

退職してから先祖代々の農業をやり始めた知人の多くは、結構農作業で忙しそうにしています。

農業にも停年がありませんから、行けるところまで行くということでしょう。

本当のサラリーマンであった人は、時間があってあって困ると言っています。

彼らは私も暇で暇でたまらないのだろうと同じ目線で見てくるのでちょっと怖い顔をしてやります。

今後はどんな風にしていきたいですか?

朝4時に起きたらほぼ毎日全力でルーチンワークに入っていきます。

時々今日も又かと、いやな気持になることが無きにしも非ずです。

しかしそんな時はえてして体調が悪い時です。

気分の乗る、乗らないは健康チェックのポイントだと思っています。

誰のために忙しいのだろうと思うと、やはり自分のため以外の何物でもありません。

健康体で駆けていくしかないのです。

しかし全力では走りません。

60を過ぎてくると自分の能力がよくわかっています。

無理せずに自分と相談しながらかけてゆきます。

退職してからは健康が宝だと思います。

健康を維持してゆくにはある程度のお金も必要ですが、それ以上持っていてもどうかなと考えています。

お金を抱いて死んでいくような愚かな真似はしたくありません。

自分の生き方に沿って、健康年齢をどこまで伸ばすことができるかということが1つの勝負だと思っています。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ