【56歳 男性】年金受給まであと10年!?今後の社会保障が心配です

【56歳 男性】年金受給まであと10年!?今後の社会保障が心配です478794

あなたの性別と年齢を教えてください。

56歳 男性

以前と違うなと感じる点はありますか?

還暦まであと数年という年齢になってしまいました。

60歳というと老人というイメージがありましたが、いざ自分のあと数年という年齢になってみると、全然そういう老人化の感覚はありません。

身体的には、髪の毛が薄くなっているということと、老眼が進んでいる事くらいで、疾患があるわけでもないし、足腰もそうそう老化しているという感覚もありません。

ですから、身体で感じる老いはほとんどありません。

ですが、やはりこれから先の何十年についてを想像すると、身体的な老化というのは気になるところです。

いつ何時どうなるかはわからないし、事故は別にしても、病気で入院を余儀なくされた場合に大丈夫なのだろうかと心配になります。

社会保障は期待できない?

ですから心配することは社会保障なんです。

年金や健康保険自体、既に悪化もしくは破綻しているという現実があります。

社会人になってから納め続けている税金、年金、保険料ですが、全ての社会保障が今危機的状況であることを考えると、我々世代だけの問題ではなくて、これこらの世代を含めて、本当に心配になります。

支払った分だけは自分に返って来る制度設計であるとの錯覚がありますが、年金は特に現役世代が支払っている分は年金受給者に回っているもので、自分への物ではないという制度設計自体がどうも納得行かない点です。

我々世代でもそうなんですから、今の若者たちはもっと納得がいかないのではないでしょうか。

少子高齢化がどんどん進んでいるのですから、今の年金の制度設計では、自分が受給される世代になったら、支払った年金額よりもどんどん目減りしていて、微々たる年金額しか毎月受け取ることができないことが目に見えているのですから。

我々世代は65歳にならないと受給開始になりません。

後10年もあります。

とにかく未来が心配?

それまでどうやって生計を維持するのかも保証がありませんが、受給される年金額をおぼろげに知っていますが、こんな年金でどうやって老後の生活を維持できるのか、本当に不安でなりません。

政治は本当にこの問題に真剣に取り組んでいるとは思えません。

今のようなお坊ちゃまたちが内閣を構成している状況では、悪化の一途を辿るだけです。

本当に社会保障が一番心配です。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ