【60歳 男性】還暦になり、少し歩く時間が短くなった!

【60歳 男性】還暦になり、少し歩く時間が短くなった!104342

あなたの性別と年齢を教えてください。

60歳 男性

以前と違うなと感じる点はありますか?

60才になり、何となく散歩の距離短くなってきました。

あれこれ50才に入り寝ても疲れがとれなく、どうにもならなく最初は更年期障害の疑いも出たのです。

総合病院で健康診断や他の病気も診察して頂いたのですが、普通に身体の方は健康なことが分かり安心します。

しかし体力の低下は隠せません。

40代までは、普通に仕事にも影響はないと感じますが、さすが50代になると中高年の入り口に差し掛かるのですね。

50代からウォーキングを

私は、50代で体力の低下も感じ、またそれも認め毎朝のウォーキングを始めることにしたのです。

50代は、朝1時間の歩きから始めました。

週に3回の歩きから初め、長期にわたり約10年のウオーキングになります。

その間は、健康飲料も色々試みてみたのです。

オロナミンCから、即効性が早いユンケルこうてい液も、青汁も飲みまして、健康は維持できています。

もちろん血圧も150から137と安定しています。

もともと身体機能が低い体質で、若い頃、野球やゴルフ、テニスなど経験もない、運動の経験がありません。

これは聞いた話ですが、身体が硬い人と柔らかい人では、一日の稼動後の疲れの抜け方も半分になるそうです。

その為か私は体はガチガチで股関節も硬く疲労が残ります。

55歳からリズム体操と2kダンベルのカールをプラス

55歳になり、歩くだけの運動に週1回の区のスポーツ運動へ通う事にしました。

ストレッチ体操で、60分しっかり行い、初めの20分はストレッチを行い、その後は小休止を入れて、リズム体操をやります。

これが有酸素運動でソフトでなかなか心拍数もあがり、良い運動になるのです。

中高年の人から還暦60過ぎの人が運動に励んでいます。

私もその1人になります。

若い頃の長期の運動よりも、中高年になってからの運動が健康を維持するには大きな力になるそうです。

私も50代でウオーキングを始め、55歳でリズム体操と体力維持の為に2kダンベルのカールを30回始めました。

現在は61歳でリズム体操と軽めのウォーキングも続けています。(歩く時間は少し減り)ましたが、朝30分の歩きは維持できています。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ