【54歳 男性】長年の経験のメリット、デメリット

【54歳 男性】長年の経験のメリット、デメリット506367

あなたの性別と年齢を教えてください。

54歳 男性

以前と違うなと感じる点はありますか?

大学を出て仕事を始めてから30年以上が経過しシニア世代になると、仕事や生活に対しての判断が大きく変化してきます。

新入社員の頃から10-20年位は、大きな仕事をしたい、収入を増やしたい、会社を大きくしたい、など自分中心の欲望が、毎日のモチベーションになり、苦しいことや嫌なことにも積極的に取り組んでいけました。

その頃は、精神的な持久力も体力もあり、大抵のことは、断らず逃げずに肯定し、取り組んでいました。

しかし、54歳になった今では、嫌なこと、共感できないこと、苦しいことなど、不安なことが目の前に発生すると、何か理由を付けて避けるようになりました。

断ったり、辞めたり、若い時は避けて通ることが出来なかったことでも、長年の経験により、避けることが出来るようにもなりました。

そうすることのメリットとデメリット

この状況には、メリットとデメリットがあり、自分自身で肯定して良いのか、その状況を否定し自分の考えを変えなければいけないのか迷う時があります。

長年の経験のメリットは、避けて通ることが得策な場合です。

たとえば自分で思う嫌なこととは、大抵の場合、過去にそれらを行なって失敗した、人を傷つけたなど、辛い思いをした経験があるからです。

ある意味、経験から学んだことですので、避けて通ることは、同じ失敗を繰り返さないわけですから良いことなのです。

誰でも同じ失敗は繰り返したくないのです。

デメリットは、過去に失敗したこと、それに類することを全て否定する考え方があるため、新たなことに挑戦する機会が訪れても失敗経験と結びつけ何か理屈をつけ自分を納得させたうえで断ってしまうことです。

物事に慎重という言い方もありますが、臆病になっているのです。

この状況が続くと、今を変えることがほとんどできなくなります。

今後はどんな風にしていきたいですか?

そのような人でも、新しいことに対する好奇心や、歳に関係なく新たな挑戦をすることを、一般論としては肯定しています。

今に納得はしていないのにもかかわらず、今を変えないという矛盾する状況に陥ってしまうのです。

長年の経験が、逆に自分の考え方や行動を狭めているのです。

自分の行動や判断が、経験によりメリットある判断なのか?それとも経験によるデメリット、臆病な判断なのかを深く自問自答していく必要を感じています。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ