【57歳 男性】50代後半で慢性的胃もたれに・・・キャベツと大根で自己改善

【57歳 男性】50代後半で慢性的胃もたれに・・・キャベツと大根で自己改善501276

あなたの性別と年齢を教えてください。

57歳 男性

以前と違うなと感じる点はありますか?

私はスリム体型ですが、食べることは若いころから大好きでした。

量も人並み以上に食べていたと思います。

それで、なんの不都合も感じませんせんでしたし、消化器系の病気になったり、調子が悪くなったりしたこともありません。

ところが、50代後半になって、急に胃もたれするようになったのです。

だんだんそうなったというよりも、私も場合、ある時突然という感じでした。

自分では「更年期の症状なのかも」と思いました。

要するに胃の消化能力が衰えたということなのでしょうが、特に医者には行っていません。

最初は市販の胃薬に頼っていましたが、その効果にも限界があります。

そこで自分なりにいろいろ考え、試してみました。

その結果、今はかなり改善されています。

個人的に効果があると感じ、継続中?

試行錯誤の末、私が個人的に効果があると感じ、継続している方法を紹介しましょう。

1つは、1日3食から1日2食に変えたこと。

昼ご飯を抜いて、朝と夕方の2食にしました。

私は自営業なのですが、仕事がら、朝ご飯を抜いてしまうと、体力的にきついものがあります。

と言って、昼も食べてしまうと、消化しきれない状態が続いたまま、夕食を取ることになってしまうのです。

そこで、朝は7時台、夕食は6時台に取るようにしました。

こうすると、おなかが空いた状態で、1日2食を取ることが可能なのです。

もう1つの方法は、消化を助けてくれる食材を意識的にたくさん食べること。

具体的にはキャベツと大根です。

私は毎朝和食なので、必ず大根おろしを食べます。

量は、女性用のお茶碗に山盛り一杯ぐらい。

それになめたけやキムチなどを加えて食べるのです。

キャベツの方は夕食に食べます。

手でちぎったり、千切りにしたり、細かく刻んでコールスローサラダにしたり、とにかく生で食べるようにしています。

これも、量がポイント。

「とんかつ屋さんでキャベツの千切りをお代わりをしたぐらいの量」を自分なりの目安にしています。

今後はどんな風にしていきたいですか?

こうした生活習慣は、効果が出るまでに時間がかかるものでしょう。

私の場合も、数か月、毎日続けていくうちに「なんだか、調子が良くなってきたみたい」と感じました。

そして、継続することも大事です。

おそらく私は、今後死ぬまで、こうした食生活を続けていくことになるのでしょう。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ