【52歳 女性】近視は老眼にならないって信じていたのに!

【52歳 女性】近視は老眼にならないって信じていたのに!204057

あなたの性別と年齢を教えてください。

52歳 女性

以前と違うなと感じる点はありますか?

子供の頃からの近視です。

ある程度の年齢になれば近視が止まる、って言われたのをずっと信じておりました。

若い時からパソコンのお仕事をしていたので、視力矯正は細かくやっていました。

それでもいつか、どこかで、メガネを使わないで済む年齢が来るのだと思ってました。(メガネを外す時期が来るのだと信じてました。それが例え老眼だと言われても。)

40代初めに遠近両用メガネを勧められた時、ショックでした。

「あなた、老眼ですよ。」って言われているようで。

遠近両用ってお年寄りのイメージだったんですよ。

いくらDrから若いうちなら調整力があるから遠近両用に移行するのに違和感がない。」って言われても、釈然としなかったです。

詭弁だ、と思ってました。

ささやか抵抗でしたね。

良かったのは、はじめだけですか?

それがかけるととっても良い(笑)。

見た目も、従来の「レンズにスジが入っている。」というのもなかったし、フレームもそれなりに選べば、外から見た感じは全く遠近両用なんて思えない!

1日でとりこになりました。

ああ、これで遠くも近くも1本で大丈夫。

これから60になっても70になっても鬼に金棒。

「手元が見えなくなってねえ?。」なんて掛け直す姿は自分が明らかに年齢を重ねたということを自分自ら肯定しているようでいただけない。

掛け直す=スマートじゃない

そんな密月はあっけなく終わりました。

第2の老眼の到来、ですか?

近視は老眼にならない、と信じていた説も違うかも?とうすうす感じていたし、遠近両用はある程度年齢によって作り直しをしなくてはいけない、と眼科医に言われた時に、え?メガネ生活って永遠に続くの?といやいや聞き間違いだ、私はならない、と思っていました。

隠れ遠近両用1本生活を続けいていた私に、ある日無理が生じてきました。

5年ごとにやってくる自動車免許更新に伴い、遠くが見えづらくなったから作りなおそうとした時、遠近両用の遠に度を合わせると、近(手元)が見づらくなり、その逆になったり、で、かける状況に合わせたメガネを作らなくてはいけない。

遠近両用は1本で済むから良かったのに。

遠近両用でも手元用中心、遠距離中心などなど、何パターンか用意しないと自分では調整できなくなってきたのです。

いわゆる調整力が落ちた!ってことなんですね。

第2の老眼宣告?

車を運転する時にそれ用のメガネをかけ、本を読む時にはそれでは見えないので手元用をかける。

メガネを掛け直す=まったくまったくスマートじゃない

本来であればメガネケースなんて携帯しないことを夢見ていたのに、必ずメガネは私の人生についてくる。

近視の人には一生メガネが必要です、と子供の頃の私に言ってあげたい。

最近手元が見づらくなってきました。

年を取るごとに段々と手元が見づらくなりますよ、って言われました。

メガネとの密月だけは永遠に続くんですね。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ