【65歳 男性】健康と成人病との付き合い方を考える

【65歳 男性】健康と成人病との付き合い方を考える478784

あなたの性別と年齢を教えてください。

65歳 男性

以前と違うなと感じる点はありますか?

若いころから運動をよく行っていたので健康には自信を持っていたのですが、健康診断の度に毎回引っかかったのは高血圧でした。

若年性高血圧と診断されましたが、自分で問題ないとたかをくくっていました。

特に体調が悪くなることもありませんでした。

40代になると高血圧がそのまま続くと将来大変なことになるといわれて初めて、定期的にを飲むことになりました。

薬を飲むと確実に血圧が下がって安心していました。

しかし、しばらくすると毎週の通院が面倒になり、薬がなくても大丈夫と判断して薬をやめてしまいました。

50代になるといろいろと体に異常が出てきました。

体質が変わったようで健康診断では、体重が増えるとともに脂肪、コレステロール、尿酸値、血圧があがり、心電図も時折異常という診断が出るようになりました。

成人病のオンパレードです。

58歳になったとき、また体質が?

仕事は忙しかったですが、喫煙はしないし、酒も付き合い程度なので生活のどこが悪いのかとなりましたが、食べすぎで体重が標準体重よりかなりオーバーしていたのがすべての元凶といわれていました。

それでも、体を動かして体力はあったためあまり気にしていませんでした。

58歳になったとき、また体質が変わりました。

毎週週末にできていた運動が出来なくなり週末は家で寝ていることしかできなくなりました。

楽しみにしていたゴルフコンペも不参加となりました。

こんなことは過去なかったことです。

だんだん体力的に無理もできなくなり、60歳で定年退職となりました。

ストレスがなくなれば体調が治ると思っていたのですが、通勤や仕事がなくなり家にいるだけの生活のため、かえって体重が3キロも増えてしまいました。

それで、ある日大変息が切れるので血圧を測ってみますと上の値が150を超え、下も110を超えていました。

こんなに高くなることはありませんでしたので驚きました。

そこで評判のいい近くの内科医に相談したところ、定期的に通院して投薬と検査を続けましょうということになりました。

今後はどんな風にしていきたいですか?

血圧のための降圧剤、コレステロールの対策薬、尿酸値を下げ痛風対策の薬を頂いて数年通っています。

薬のおかげで数値はよくなったのですが、根本的な対策は体重を下げることといわれたので、毎日1時間ウォーキングを続けています。

ある年になったら医者を決めて定期的に診察を受けることがいいのだと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ