若い頃は全く理解できなかったのですが、今ならよくわかります!

若い頃は全く理解できなかったのですが、今ならよくわかります!roujin_museru_seki

あなたの性別と年齢を教えてください。(例:52歳男性、40歳女性など)

57歳女性

今ならよく分かる!加齢が原因の症状

最近、非常に食べ物の喉の通りが悪くなりました。

若い頃は高齢者がよくお正月におもちが喉にひっかかり亡くなってしまうニュースなどを見ては不思議で仕方なかったのですが、今なら理解できます

加齢のせいで、歯の欠損や舌の運動能力が低下し、噛む力もなくなったので、飲み込む力も衰えているのがわかります。

たまに普通に食事を取っている時にもゆっくり食べているつもりでも食べ物が気管支に入りこんだようで、せきこみます。

食事に限らず唾液の飲み込みもうまくいっていないようで、いきなり咳き込む場合もあります。

57歳でも社員として働いているので、咳き込むのを見ると会社の若い子からは

「風邪ですか?」

と聞かれます。

半分は心配よりもおそらく風邪ならマスクをして欲しいと思っている様子なのですが、加齢による咳といってもおそらく理解できないでしょうし、かといって言いたくもないので、

「ちょっと、むせただけ」

と言い訳しています。

加齢による咳き込みには注意が必要!

この症状はけっして馬鹿に出来ないようで、誤嚥(ごえん)性肺炎の原因にもなります。

また、意外なことに認知症にもなりやすい症状のひとつでもあるらしいのです。

予防法としては口の中は常に清潔に保つことや食事は前かがみで取ること、食後2時間は座って身体を起こしているなどとありましたが、なんとなく釈然としません。

これらのことは既に実行していることばかりなのです。

そのため自分なりに考えて歯が衰えたからといって噛む事をしないとボケてしまうと思い、極端に柔らかい物は食べないようにしていたのですが、逆効果のようでした。

誤嚥は固形のものと流動のものと2つの種類に分かれていて、無理に硬いものを喉に通そうとしても結局誤嚥になってしまいます

固形の物はつぶして食べやすくし、飲み物の場合はゼリー状にすると良いとありました。

なんだか子育てしていた頃の離乳食を思い出します。

飲み物のゼリー状はちょっと無理かもしれませんが、なるべく喉を通しやすいように食べ物に関してはつぶしたり、柔らかくして生活してみようと思ってます。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ