【63歳 男性】60歳を越えた頃から、一気に歯が悪くなりました

【63歳 男性】60歳を越えた頃から、一気に歯が悪くなりました479326

あなたの性別と年齢を教えてください。

63歳 男性

以前と違うなと感じる点はありますか?

60歳を越えてから2年半ほど単身赴任生活をしました。

そこでの食生活のせいもあったかもしれませんが、一気に歯が悪くなりました。

それまでの歯に対しての不摂生も、蓄積されていたのかもしれませんね。

歯医者に行ったら、想定はしていましたが、いわゆる歯周病がだいぶ進行していました。

そこの歯医者には歯周病専門の先生がいて、毎週金曜日に通うことになりました。

その先生が言うことには、かなり歯周病が進行しているので、少なくとも1年間は通ってくださいと言われました。

虫歯も見つかりましたが

まずは基本的な治療で、今までに溜まった歯石の除去からスタートしました。

そのうちに、歯肉がもろくなって歯がぐらついている部分の歯に、液状ですがすぐに固まる歯専用のギブスがはめられました。

そして、歯医者だけがやるのではなく自分でもやるようにと、食後の歯間ブラシを徹底して使うことを勧められました。

歯間ブラシは最初はなかなか歯間に入りませんでしたが、慣れてくるとだんだん大きいサイズの物が入るようになってきました。

歯石の除去と歯間ブラシでの治療が進んでくると、歯肉が引き締まってぐらつきもすくなくなり、歯の本体の根元もはっきりと見えてくるようになりました。

そこころになると、もう歯や歯肉の痛み自体は無くなっていました。

しかし、歯の根元がはっきり見えるようになると、今度は隠れていた虫歯が見つかってきました。

私は虫歯になると、必ず歯が痛くなると思っていましたが、歳をとってくると痛みを感じない虫歯もあるようです。

ここ何十年も虫歯は無いと思っていましたが、結局4本の虫歯が見つかり、全て早期に治療できましたので、抜かずにすみました。

歯のメンテナンスはこれからも

歯医者に行った初めには歯周病がだいぶ進んでいるので、部分的には入歯になるかもしれないと言われました。

しかし、真面目に歯医者に通い、自分でも食後の歯間ブラシを習慣化したおかげで、なんとか入歯にだけはならなくてすみそうです。

身体の筋肉は幾つになってもまだ鍛えられますが、歯は一度永久歯にはえ変わったら、もう二度とはえ変わりませんません。

その永久歯と死ぬまで付き合っていくしかないのですね。

歯が悪くなると胃腸が悪くなり、そのうち身体全体の健康にも影響を及ぼしてきます。

今回の経験で、歯は普段からのメンテナンスが一番大切なことを痛感させられました。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ