ケアマネージャーについて

ケアマネージャーについて

「ケアマネージャー」の仕事

今回はケアマネについてです。

ケアマネとはケアマネージャーの略称で、介護支援専門員とも呼ばれます。

実務経験と、介護や医療分野の国家資格が必要です。

なりたいと思ってすぐに取得出来る資格ではありません。

ですから、ケアマネになるには、試験に合格し、カリキュラムを受講し、全日程を修了しないといけません。

今回はケアマネについて書かせて頂きます。

1.仕事内容

2.受験資格

3.試験の出題内容

4.必要条件

5.合格率

仕事内容

ケアマネの仕事内容は、「利用者と利用者の家族の介護相談」、「ケアプランの作成」、「書類作成代行」が主な仕事です。

「利用者と利用者の家族の相談」に乗り、定期的に担当者会議を開くのもケアマネの仕事の一つです。

担当者会議とは主治医や事業所などのデイサービスやデイケア、訪問介護など、介護に関する人たちの話し合いの場を持ち、このまま継続するか、変更があるかなどを決める会議です。

「ケアプラン」とは、介護サービスの説明とスケジュールの様なものです。

ですから、ケアプラン無しに介護サービスは受けられません。

ケアプランは利用者と利用者の家族の要望から、どんなサービスが必要かを考え作られます。

出来上がったものを確認してもらい、利用者と利用者の家族から同意が得られると、ケアプランにサインし捺印をしてもらいます。

受験資格

医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、技師装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ、指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士)、精神保健福祉士

上記の資格の所有者が実務経験を5年以上、実務日数900日以上が必要です。

資格と実務経験が無いと試験は受けられません。

ojiisan_kurumaisu

試験の出題内容と合格率

ケアマネの試験の出題内容は、介護、保健医療、福祉関係です。

○介護支援分野

介護保険制度の基礎知識

要介護認定などの基礎知識

居宅・施設サービス計画の基礎知識等

○保険医療福祉サービス分野

保健医療サービスの知識・基礎・総合

○福祉サービスの知識等

「必要条件」

ケアマネになるためには、都道府県が行う“介護支援専門員実務研修受講試験”に合格し、都道府県の実施する“介護支援専門員実務研修”を修了しないとなれません。

 “介護支援専門員実務研修受講試験”が試験です。

“介護支援専門員実務研修”は全日程を休まず全て受講し、レポートの提出などもあります。

“介護支援専門員実務研修”は、介護支援専門員実務研修受講試験に合格すると、合格通知と共に案内がきます。

案内に従い、講座に参加し、カリキュラムをこなします。

この際に、様々な職種との交流が出来るので、勉強になります。

 合格率

ケアマネになるための試験の合格率です。

 約15%とかなり難関です。

kaigo_family

まとめ

ケアマネの仕事内容は、「利用者や利用者の家族からの介護相談」、「ケアプランの作成」、「書類の作成」です。

ケアマネの受験資格は、医療や介護の分野の国家資格と実務経験が必要です。

ケアマネの試験の出題内容は、介護、保険医療、福祉関係です。

ケアマネになるための必要条件は、試験を受けて合格し、通知と一緒にくる講座を受講し、修了しないといけません。

ケアマネの試験の合格率は15%です。

今回はケアマネについて書かせて頂きました。

参考にして頂けたらと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ