介護の資格「実務者研修」の試験は何をするの?詳しく知りたい!

介護の資格「実務者研修」の試験は何をするの?詳しく知りたい!505585

今回は実務者研修試験についてです。

「実務者研修」の通信教育には試験はありません!

その代わりカリキュラムを全日程修了しないと取得出来ません。

そして評価で合格ラインに達しないといけません。

「実務者研修」カリキュラム

※「医療的ケア」には50時間と別に演習を修了する必要があります。

  • 人間の尊厳と自立→5時間
  • 社会の理解Ⅰ→5時間
  • 社会の理解Ⅱ→30時間
  • 介護の基本Ⅰ→10時間
  • 介護の基本Ⅱ→20時間
  • コミュニケーション技術→20時間
  • 生活支援技術Ⅰ→20時間
  • 生活支援技術Ⅱ→30時間
  • 介護過程Ⅰ→20時間
  • 介護過程Ⅱ→25時間
  • 介護過程Ⅲ(スクーリング)→45時間
  • 発達と老化の理解Ⅰ→10時間
  • 発達と老化の理解Ⅱ→20時間
  • 認知症の理解Ⅰ→10時間
  • 認知症の理解Ⅱ→20時間
  • 障害の理解Ⅰ→10時間
  • 障害の理解Ⅱ→20時間
  • こころとからだのしくみⅠ→20時間
  • こころとからだのしくみⅡ→60時間
  • 医療的ケア→50時間

「実務者研修」研修内容

  • 社会福祉制度(介護保険等)
  • 認知症の理解
  • 医療の知識
  • 障害の理解
  • 介護技術
  • 介護過程
  • たんの吸引、経管栄養

「実務者研修」免除時間について

  1. なし→450時間(免除0時間)
  2. ホームヘルパー3級取得者→420時間(免除30時間)
  3. ホームヘルパー2級取得者→320時間(免除130時間)
  4. ホームヘルパー1級取得者→95時間(免除355時間)
  5. 介護職員基礎研修取得者→50時間(免除400時間)

免除科目と資格の関連

ホームヘルパー1級保有者→介護過程Ⅲ(スクーリング)と医療的ケア以外は免除されます。(受講時間の合計95時間)

介護職員基礎研修保有者→医療的ケア以外免除されます。(受講時間の合計50時間)

実務者研修の概要

○目的

→1800時間のうち、実務経験のみでは取得出来ない知識・技術を中心に構成します。

 

○面接授業

→面接授業の時間数は、最低限「45時間」(ケーススタディ)、(応用的な事例を用いて実践力を養成する)、介護技術の評価、通信教育等で取得した知識の修得度の確認)+α(医療的ケアのうち演習)

 

○通信課程での評価

→科目ごとにレポート(課題を提出し、添削指導、評価)

 

カリキュラムと研修内容について書かせて頂きました。

取得した資格によって、実務者研修の科目の一部免除がされます。

実務者研修には、通学制と通信制がありますが、通学制と通信制では取得条件が少し異なります。

 

今回は実務者研修の試験について書かせて頂きました。

参考にして頂けたらと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ