実務者研修の介護資格は履歴書にはどう記載するの?

実務者研修の介護資格は履歴書にはどう記載するの?f326617e0831fcd478afe2d7f50114f5_s

実務者研修履歴書の書き方についてです。

一般的に実務者研修と呼ばれていますが、正式名称は違います。

ですが、正式名称は長くわかりづらいので、今回は履歴書で書く正式な書き方を紹介します。

あとは、実務者研修の研修時間と、実務者研修の資格が受験条件の介護福祉士について書かせて頂きます。

実務者研修を履歴書に書くときは?

実務者研修と呼ばれていますが、実際の正式名称は違います。

正式名称は長く、一般ではわかりづらいらしいです。

ですので「介護福祉士実務者研修課程修了」が良いかもしれません。

調べてみた所、厚生労働省に電話をしてみたという記事がありました。

その中には、職員が覚えられないほど長く、正式名称を厚生労働省の職員も覚えてないらしく、折り返しの電話で対応があったそうです。

ですので、わかりづらいので、「介護福祉士実務者研修課程修了」で大丈夫だと思います。

実際に「実務者研修」と検索すると、「介護福祉士実務者研修」と出てくる事が多いです。

ですが、一般的には実務者研修と呼ばれている事が多いです。

保有資格によって変わる免除時間

保有している資格によって、カリキュラムが一部免除されます。

  1. 無資格者→450時間(免除0時間)
  2. 介護職員初任者研修→320時間(免除130時間)
  3. ホームヘルパー2級→320時間(免除130時間)
  4. ホームヘルパー1級→95時間(免除355時間)
  5. 介護職員基礎研修→50時間(免除400時間)

 

上記が免除時間です。

改正による一本化について

ホームヘルパー1級とホームヘルパー2級と介護職員基礎研修は、現在廃止されています。

平成25年にホームヘルパー2級は廃止され、介護職員初任者研修に変わりました。

そして、ホームヘルパー1級と介護職員基礎研修は、平成25年に実務者研修は一本化されました。

その際に介護の資格がわかりやすく、一本の道となりました。

以前はわかりづらく、資格によって異なる複雑なルートでした。

ですので、平成25年に介護資格のルートが変わりました。

今、記事にしている事は、福祉系の大学、専門学校に行っていない人が対象です。

最後に国家試験がある介護福祉士

受験するのに、実務経験3年と実務者研修が必要になりました。

そして、実務者研修には修了試験がありませんが、介護福祉士には国家試験があります。

実務者研修の介護資格は履歴書にはどう記載するの?まとめ

今回は実務者研修を履歴書に書く際の正式名称について書かせて頂きました。

履歴書に書く場合は「介護福祉士実務者研修課程修了」と書くと良いと思います。

正式名称は長く、わかりづらいので、「介護福祉士実務者研修課程修了」で大丈夫みたいです。

そして、保有資格別の研修時間と法律の改正について書かせて頂きました。

 

参考にして頂けたらと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ