実務者研修資格の取得方法とは

実務者研修資格の取得方法とは

bunbougu_pentate1.実務者研修の取得方法は

実務者研修を取得する方法には「通信教育」「スクール」があります。

平成29年から介護福祉士の受験資格が「介護実務経験3年以上」と合わせて「実務者研修の修了」も必須となります。

その「実務者研修」を取得するためには平均6ヶ月の講習を受けなければならない仕組みとなっています。

実務者研修は、無資格者の場合「450時間の講習」を受けるとされていますが、介護職員初任者研修の資格を持つ方は320時間に免除されるなど保有資格により時間も期間も異なります。

しかも通信教育でも取得することが出来るので働きながらでも、「実務者研修」の資格が取れるということになるのです。

2 実務者研修の取得方法~通信教育の場合~

実務者研修を通信教育で取得する方法で挙げられるメリットは「自宅で学習ができかつ、通学する必要はほとんどない(2~3回)」ということでしょう。

これは働きながら実務者研修を取得したい社会人にとっては最大の利点になると思います。

ただデメリットとしては「自己をコントロールしないとモチベーションが下がり学習の継続が困難になる」ことです。

これは実務者研修に限らずどんな資格の通信教育においても当てはまることですが…。

「自宅学習」という誘惑の多い環境の中でいかに効率よく勉強することが出来るか

このことが、実務者研修を通信教育という方法で取得する際のポイントになります。

3.実務者研修の取得方法~スクールの場合~

実務者研修を取得する方法は通信教育だけではありません。専門学校のようなスクールに通って取得する方法もあります。

ただ、場所が限定されること通信教育に比べて費用が高くなってしまうことがデメリットでしょう。

しかし、通信教育で取得する際のデメリットであった「モチベーションを保つことが困難である」ということは起こらないはずです。

実務者研修を取得する方法には「通信教育」と「スクール」がありますが、どちらが自分に向いているかを判断して実務者研修の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ