介護職員初任者研修と研修後の進路

介護職員初任者研修と研修後の進路book_tate今回は介護職員初任者研修の取得方法と進路についてです。

取得方法は2種類ありますので、その2種類について書いていきたいと思います。

また、取得した後はどういった資格が取れるかについても書いていきます。

  1. 介護職員初任者研修の取得方法
  2. 研修後に取れる資格について

1.介護初任者研修の取得方法

介護職員初任者研修の取得方法については以下のとおりです。

1. 通学
2. 通信+通学

※通信教育だけでは介護職員初任者研修を受験する事が出来ません。

講習を受けないと資格が取れません。

ですから、通信教育でも学校に通い、講習を決められた時間だけ受けることが必須になります。

1. 通学

通学コースなら、全ての授業に通えば短期間で介護職員初任者研修を取得できるシステムです。

授業では以下のことを、経験豊富な教師による丁寧な指導を受けて学ぶことができます。

  • 福祉の専門的ノウハウ
  • 施設
  • リハビリ
  • 現場の情報

教師との距離も近いので、わからない事があればすぐに質問する事ができます。

通学コースを例に挙げて言うなら、ハクビという学校があります。

そこには短期集中コースがあります。

ハクビ 短期集中コース

平均取得期間
1か月
学科(通学)
57時間(9日間)
実技(通学)
73時間(12時間)

以上のカリキュラムで、価格は70000円(税抜き)です。

2. 通信+通学

通信+通学はこんな方にオススメです。

  • 土日しか時間が空いてない
  • 時間に余裕がない
  • 自分のペースで進めたい

また、ハクビでは通学コースだけではなく、通信教育も行っています。

ハクビ 通信教育コース

平均取得期間
3~4か月
学科(通学)
46時間(1か月)
実技(通学)
84時間(13日間)

以上のカリキュラムで、価格は56000円(税抜き)です。

通信教育の方が価格は安くて済みます。

ただし、取得までに時間がかかります。

短期集中コースなら1か月で、通信なら3~4か月という差があります。

他にも通信教育や、通学制はいっぱいありますので、気になる方は検索して自分にあった取得方法をお選び下さい。

2.研修後の進路

介護職員初任者研修の取得方法と、取得後の進路についてです。

介護職員初任者研修は介護職の入門資格みたいなものです。

この資格を取った後、他にはどんな資格を目指せるのかをご紹介します。

介護職員初任者研修

介護福祉士実務者研修

介護福祉士(国家資格)

実務経験を3年経てから、介護福祉士になれます。

つまり介護福祉士になるためには、介護職員初任者研修に合格し、3年間の実務経験が必要です。

また、介護職員初任者研修の資格を取った後には以下のような進路があります。

  • デイサービス
  • 訪問介護
  • 有料老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム

 

以上が介護職員初任者研修の取得方法についてでした。

通学と通信+通学の2種類があります。

良い点と悪い点を検討し、自分に合った取得方法を選んで下さい。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ