実務者研修の前にホームへルパー2級を取得しているとどうなる?

実務者研修の前にホームへルパー2級を取得しているとどうなる?999a79f41f5d39354e786a6e810d7a07_s

ホームヘルパー2級実務者研修より先に取得していると、料金が安くなりカリキュラムの一部が免除されます。

実務者研修は介護知識が無い人には難しいです。

ですので、先に介護職員初任者研修の取得がおすすめです。

実務者研修の前に介護職員初任者研修を取得するメリットとデメリットを挙げますと、メリットは介護の知識の無い人でも取得しやすい資格です。

デメリットは2つも資格を取得するので、お金がかなりかかってしまう事です。

ホームヘルパー2級は廃止され、介護職員初任者研修に変更されました。

ですので、今はホームヘルパー2級は取得出来ません。

廃止の前に取得していたら、資格はそのまま使えます。

介護職員初任者研修とホームヘルパー2級は履歴書などに書く際は、違いますので注意して下さい。

ホームヘルパー2級を実務者研修より先に取得していた場合の免除時間

  1. 無資格者→450時間(免除0時間)
  2. ホームヘルパー2級→320時間(免除130時間)
  3. 介護職員初任者研修→320時間(免除130時間)

厚生労働省では免除時間は同じですが、学校によってはカリキュラムが違うみたいです。

訪問介護員目指すには

訪問介護の業務に従事しようとする方は、「介護職員初任者研修(130時間)」もしくは「実務者研修(未研修者450時間)」を受講し、修了証明書の交付を受ける必要があります。

 

○サービス提供者

  • 介護職員初任者研修修了者……3年以上の実務経験を持ってサービス提供者になる事が出来ますが、減算の対象となります。
  • 実務者研修修了者……実務経験を持ってサービス提供者になる事ができ、減算もないです。

介護資格一本化後の初任者研修とヘルパー2級の違い

○介護職員初任者研修

従来の介護分野には、従来のホームヘルパー養成研修や介護職員基礎研修、介護福祉士など、様々な研修の資格が存在していました。

介護の資格をよりわかりやすくするため、一本化されました。

○ホームヘルパー

ホームヘルパーは訪問介護員とも呼ばれていました。

ホームヘルパーは、在宅の高齢者や障害者を訪問し、介護サービスや家事援助を行うホームヘルプ事業です。

介護内容は、介護サービスや食事や入浴、排泄の介助です。

家事援助は、調理、洗濯や掃除の代行です。

利用者や家族へ精神的ケアを行い、家族に介護技術の指導を行うことも仕事です。

○カリキュラムの違い

介護技術を取得する時間が増え、認知症に対する理解が増えました。

また、2級では介護現場での実習が30時間ありましたが、介護職員初任者研修では実習は必要に応じるとされています。

さらに、2級では修了後の筆記試験がありませんでしたが、介護職員初任者研修では修了時に筆記試験が行われます。

実務者研修の前にホームへルパー2級を取得しているとどうなる?まとめ

実務者研修を取得する前にホームヘルパー2級を持っていると、カリキュラムと時間が一部免除されます。

ホームヘルパー2級は廃止されましたが、その後は介護職員初任者研修に変更になりました。

その際に資格の内容が少し変わりました。

ですが、ホームヘルパー2級の資格を取得している方は、そのままホームヘルパー2級として使えます。

 

参考にして頂けたらと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ