【介護口コミ】介護職員として就職するためにはどうしたらよい?

【介護口コミ】介護職員として就職するためにはどうしたらよい?9b8df6f2d32dd97528a1c332c730b09f_s

介護職として働き、ホームヘルパー2級、介護福祉士、社会福祉士の資格を持っています。

私が初めて介護の仕事に就職したのは、大学を卒業したばかりの時で、当時私が持っていた資格はホームヘルパー2級(現介護初任者研修)でした。

ホームヘルパー2級を持っていることが前提の職場

私が働いたのは介護老人保健施設なのですが、ここで働く人は大学を卒業して新卒で入ってきた無資格の人、専門学校から新卒で入ってきた介護福祉士資格を持つ人、転職して元介護職として入ってきた介護福祉士の人、今まで違う分野で働いていて介護職になった人など様々でした。

資格に関してはホームヘルパー2級を持っていることは前提で、違う分野から入ったきたという人も、就職する前にヘルパー資格を取得して入ってきていました。

やっぱり有利なのは介護福祉士

介護福祉士になるためには、施設で働いて3年間を過ぎると国家試験を受けられるので、それに合格することが必要です。

私も働いて3年後に介護福祉士試験を受けて、合格して介護福祉士になりました。

介護の分野の就職に有利なのは介護福祉士です。

ある程度福祉の知識、経験があるとみなされる資格なので、求人を見ていても介護福祉士優遇といったところが多いです。

また介護福祉士手当などがもらえるので給与面でも良いです。

介護の仕事をするためには、まずホームヘルパー2級の資格を取り、そこから介護福祉士を目指すということが良いと思います。

施設の中でもやはり介護福祉士資格がある人に任される仕事内容はより責任のあるものになりますし、リーダー的な役割として活躍することもできます。

福祉の分野で長く働いていきたいという気持ちがあるのであれば、介護福祉士資格を得ることを視野に入れておくと良いかと思います。

ステップアップするためにも資格?

その後ケアマネジャー資格に挑戦するなど、福祉の世界の中でステップアップしていくことも可能です。

資格は転職の際にもとても有利ですし、福祉の世界は人手不足なので無資格未経験でも働ける場所はありますが、仕事の幅を広げるためにはやはり資格です。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ