介護職の資格は役に立つのか?

介護職の資格は役に立つのか?785134fc1b4c877aae903dc124d1bb01_s

介護職というのは色々とありますが、実の所、介護福祉士とケアマネージャのどちらかを目指すことになるのは同じです。

その前段階としていくつかの資格がありますが、とりあえず介護の仕事に就きたいという人は資格を取得してから、などと考える必要性はなく、今からでもすぐにやることができます。

資格がなくても出来ることは沢山ありますし、どの道、就職した場合、資格は取得させられることになります。

法律的に権限が与えられるわけではない

まず最初に、介護職員初任者研修というのを取得します。

これは、昔でいうところのホームヘルパー二級になりますが、名前が変わりました。

では、この資格があると何か違うのか、というと実は特に法律的に行動に権限が与えられるわけではないです。

ですから、意味がないといえば意味がないわけですが、あったほうが採用される可能性が高いことも確かです。

知識があることを証明する程度の力しかない

しかし、そもそも資格がなくても雇ってくれるところは沢山あります。

資格があれば、少し給料に加算されるようになりますが、微々たる物であることが多く、そこまで気にするような点ではないです。

最終的な目標となる、介護福祉士やケアマネージャになる前段階の資格である、という認識でよいです。

実際、資格がないと出来ないことがあるのは、この2つの資格であり、他にもいくつかの介護系の資格はありますが、あくまで知識があることを証明する程度の力しかないです。

まったく無駄になるわけではないですが、その資格が具体的に自分自身のスキルの向上や地位向上のために影響するのか、といえばそれはないです。

それでも介護職員初任者研修取得はお勧め

介護職員初任者研修などは、本当に時間とお金があれば簡単に取得できます。

しかし、介護資格の第一歩の資格としてあるのは確かであり、まずいつかは目指す気がある、という程度の人でも取得しておくことをお勧めできます。

介護業界は慢性的な人手不足ですから、この資格があるだけでも即座に仕事を見つけることが可能になります。

そうした意味では無駄になることはない資格といえます。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ