通信講座だけでOK?介護職員初任者研修の資格取得方法

通信講座だけでOK?介護職員初任者研修の資格取得方法-shared-img-thumb-PPW_notenikakikomu_TP_V

今回は介護職員初任者研修の通信講座について書いていきます。

通信講座だけでは、介護職員初任者研修を受けられません。

通学をして、講座を受けないと資格が習得出来ません。

ここでは通信講座を受けながら、介護職員初任者研修を取得する方法を書いていきます。

 

  1. 介護職員初任者研修の通信の受験前
  2. 介護職員初任者研修の通信の受験後
  3. 介護職員初任者研修の通信の注意点

 

介護職員初任者研修の通信講座について上記の3つを書きます。

1.介護職員初任者研修の通信の受験前

介護職員初任者研修の通信講座について、1つ目は受験する前についてです。

通信講座で受験するために必要な事を書いていきます。

まず、介護職員初任者研修を学ぶために知っておいて欲しい事は、通信講座だけでは受験する事が出来ないということです。

実際に講習を受けないと資格が取得出来ないのです。

ですから、学校などに通い、自宅で学習などを経てから、介護職員初任者研修の試験を受けることが出来るのです。

通学

通信+通学

上記の2種類が受験するための道です。

今回は通信講座+通学の方法について書きます。

 

通信教育での取得方法

自宅で学習(基礎知識を自宅で勉強する)

通学(自宅学習と並行して、学校に通います。実際に体験しながら学んでいきます)

修了試験規定の学習時間が終わると、試験が受けられます。不合格でも、補修を受けたのちに再試験が受けられます。再試験の場合は有料が多いです

修了(合格、資格のGET!)

2.介護職員初任者研修の通信の受験後

介護職員初任者研修の通信講座について2つ目は受験した後です。

修了後も無料で何回でも復習セミナーに参加できます。

修了後には以下のようなアフターフォローをしてもらえる場合もあります。

     スタッフ登録→紹介→就業面談→就職

介護の仕事現場

個人の場合では以下のような現場で働くことが可能です。

  • 身体介護サービス(食事の補助、更衣や入浴の介助など)
  • 生活援助サービス(掃除やゴミ出し、薬の受け取りの援助)
  • 介護施設
  • 医療機関

他にも介護に関連した所で働けます。

3.介護職員初任者研修の通信の注意点

介護職員初任者研修の通信講座について、3つ目は注意点についてです。

最初に書きました通り、通信講座だけでは受験が出来ませんので、講習を受けるか、通学しないといけません

実際の車椅子ベッドなどを使った講座は必須です。

そのため、通学講習が必要なのです。

 

通う日数によって違う

週に1日程度の通学なら3~4カ月程度で、

週に2日程度の通学なら2~3か月程度です。

 

通信講座のメリット

通学制の学校より、受講料が安い。

 

通信講座のデメリット

自宅で学習中にわからない点があっても、すぐに質問出来ない。

 

取得時間や受講料に大きな差があるので注意

通信講座によっては、通学制より高い所もありますので注意が必要です。

 

以上が介護職員初任者研修の通信講座についてです。

繰り返しになりますが、通信講座だけでは試験が受けられません。

通学や講習を受けないと介護職員初任者研修の試験を受けられませんので、注意していただきたいです。

これから通信講座を受けようと思っている方は参考にしていただけたらと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ