【介護口コミ】ヘルパー2級取得で働くホームヘルパーの良い点・損な点

【介護口コミ】ヘルパー2級取得で働くホームヘルパーの良い点・損な点dc7a44dae081649ec5abcf43eb168fbe_s

平成16年、わたしは妊娠中にヘルパー2級を取得しました。

理由は引く手数多の資格だったから。

要するに産後の就職活動に有利だったからです。

訪問介護の良いところ

運よく保育所が当たり、子供が1歳になったとき登録ヘルパーとして訪問介護事業所に登録しました。

まだ子供が小さかったため、病気で休まなくてはいけないことも多いだろうと思い、一旦就職は諦め勤務形態として融通のききやすい登録ヘルパーを選んだのです。

訪問介護の良いところは、そういった時間や仕事内容の融通が利きやすいところ。

訪問介護事業所には介護福祉士やヘルパー1級の資格を持った社員さんが常駐しており、シフトの面でなにか急な欠勤やトラブルが在った場合は調整してくださいます。

具体的にはピンチヒッターとしてヘルプに入ってくださったり、利用者様に直接電話してヘルプをずらしたりなど。

もちろんヘルパー個人の常識的な、社会人のルールを守った就労姿勢を踏まえたうえでの調整です。

サービスは大きく分けて2つ

サービスは「生活援助」と「身体介護」

大まかにこの2つに分かれているのですが、契約・登録時にこれを選べるというメリットもあります。

家事のような簡単なサービスなら出来そうだけどオムツ交換はまだ自信が無い・・・という方であれば、契約時に「生活援助のみでおねがいします」と言えば身体介護へ行かなくて済みます。

また、タバコNG、ペットNG、女性ヘルパーであれば男性利用者NGなどなど・・・注文を増やせばそれだけ受注は減りますが、わがままを聞いてもらえる利点は主婦には嬉しいですよね。

でもヘルパー一人一人の責任は重い

時間帯も選べて働きやすいホームヘルパーですが、ヘルパー一人一人の責任の重さで言うと、施設よりも重いかもしれません。

例えば1日の水分摂取量が決められている利用者様の場合、施設では申し送りにて徹底して周知が行われているため、食事ごとに決められた摂取量を忘れることはまず無く、あっても遅出や夜勤でカバーできたりします。

ですが、同じ境遇の独居の方のヘルパーになった場合、「昼食時に水分補給を忘れた!」と気付いても、時間外にはお宅に入ることが禁じられているため、取り返しのつかないことにもなり得るのです。

メリット、デメリット、どちらもしっかり把握した上で自分らしく介護のお仕事が出来たら最良ですね。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ