【介護口コミ】ホームヘルパー2級をとって介護職に就いてみたら・・

【介護口コミ】ホームヘルパー2級をとって介護職に就いてみたら・・8e1d4df548c442e52e8b9c9689f78be0_s

私は、もともと医療系の仕事に就いていたのですが、いまいち、やりがいを感じず中途採用で介護職に就きました。

場所は特別有料介護施設です。

利用者様が入居され施設で生活する為、と言ってもよい場所です。

ですので、食事、入浴、就寝、通院、その他、生活全てに関わる事が業務になります。

時間があれば、職員がもっといれば、と思うことも

私は主に日勤が多かった為、行った事は、食事介助、入浴介助、おむつ交換でした。

もともと人のお世話をする事は嫌いではなかったので、抵抗がある人もいると思いますが、おむつ交換や排泄の介助は私にとっては、さほど苦にはなりませんでした。

手袋をし、陰洗をし、おむつを新しいものにかえる作業で、利用者様によっては認知症が進んだ状態にあると、理解に関係なく排便したものを触ってあらゆるところ便だらけにしてしまい、シーツや布団、汚れてしまった物すべてを取替え、きれいにしたり、おむつがきちんと当たっていないと漏れてしまい、服を汚してしまうこともあり、全更衣したりという事も、おむつ交換の際には含まれました。

そのようなイレギュラーなことがあると、人員が足りなかった為時間がおしてしまい、結果帰るのが遅くなるのことも多々ありましたので、時間さえあれば、職員がもっといれば、と思うことはありました。

食事も入浴もしっかり観察しながら

昼食介助では、利用者様が喉に物を詰まらせないよう要見守りをし、飲み込みが悪い人にはとろみをつけ、飲み込んだのを確認しながら介助します。

この業務も、誤ると生命に関わることなので、職員はしっかりと行わなければいけません。

そして、食事量を記録、観察し、利用者様の嗜好や体調の良し悪しを観察し、内容によっては検討します。

そして入浴介助では、その日一人一人誘導し、特に入浴は急変が多く事故も多いので、要見守り介助を行わなければいけません。

体調が悪い利用者様は無理には入浴させず、足の運びが悪い方は支えながら転ばないように誘導します。

ゆっくりぬるま湯を足元からかけ、体がびっくりしないようにお湯に慣れてから、入浴します。

大体利用者様は皆、入浴後はさっぱりとして気持ちよかったせいか、とても笑顔で居室に戻られる方が多いです。

自分のコンディションも優れていないと辛い

このように1日が終わるのですが、職員1人に対して利用者様の数が多い為、何かが起こったときの対応が間に合わないことも多く、昼休みは無いと思った方が正解でした。

それから介護職とはいえ、命を預かっているのも同然のため、細心の注意を払わなければ事故を招く可能性もあります。

正直ハードな為、自分のコンディションも優れていないと辛い側面もあります。

しかし悪いことばかりではなく、利用者様から信頼されたり、「今日も、元気だね。よろしく。」と声をかけられたり、やってて良かったと思うこともあります。

大変なことを職員と乗り越える為、職員同士の絆も強くなります。

やはり、そのようなことが、介護職を続けるモチベーションにもなると思っています。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ