これで解決!実務者研修のよくある質問

これで解決!実務者研修のよくある質問43a29a84725e73df989ad1912507c2d1_s

今回は実務者研修よくある質問についてです。

Q&A方式で書かせて頂きます。

実務者研修は、介護職員基礎研修とホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、介護職員初任者研修と関わりがあります。

上記の資格と関連付けて書かせて頂きます。

実務者研修についてQ&A!

Q:実務者研修って他の資格を持っていると、免除されるって本当ですか?

A:はい。

介護職員初任者研修とホームヘルパー2級とホームヘルパー1級、介護職員基礎研修の資格を持っていると、実務者研修のカリキュラムが一部免除されます。

無資格者→450時間(免除0時間)、介護職員初任者研修→320時間(免除130時間)、ホームヘルパー2級→320時間(免除130時間)、ホームヘルパー1級95時間(免除355時間)、介護職員基礎研修→50時間(免除400時間)です。

上記が実務者研修に対する免除時間です。

Q:介護福祉士を受験するには、実務者研修と実務経験が必要と聞いたのですが、実務者研修の取得に6カ月かかると書いてありました。取得までにそんなにかかるのですか?

A:はい。

平成28年から介護福祉士の受験資格に、専門学校を卒業していない場合、実務経験3年と実務者研修の資格が必要です。

介護福祉士を目指している人は、早めに実務者研修の準備をしておいた方が良いです。

実務者研修の取得は6カ月かかりますが、それは交付までに最低6カ月かかるだけで、カリキュラム自体はそこまでありません。

無資格者で450時間、介護基礎研修で95時間です。

ただ、資格の修了証の交付に時間がかかるだけで、持っている資格によってはカリキュラムが減り料金が安くなります。

Q:実務者研修の難易度は高いと言われたのですが、そんなに難しいのですか?

A:実務者研修は介護職員初任者研修より難しいです。

ですので、先に介護職員初任者研修の取得がおすすめですが、先に介護職員初任者研修を取得するメリットは、介護の知識が得られる事と、介護職員初任者研修を先に取得していると、カリキュラムが一部免除され、講座の料金も安くなります。

デメリットは二つの講座を受ける事になるので、料金が約2倍かかってしまいます。

実務者研修の難易度は、介護の知識がない人には難しいですので、必要に応じて介護職員初任者研修を先に取得するのも良いかもしれません。

Q:ハローワークを利用すると無料で受講できると聞いたのですが、どんな流れで受けられるのですか?

A:ハローワークでは公共職業訓練の中に離職者を対象とし、無料で受けられるのと、求職者支援制度があります。

両方無料なのですが、求職者支援制度は一定の要件を満たせば訓練期間中、職業訓練受講給付金(月額10万円)を受給可能ですが、かなり人気が高く、受けられる率がかなり低い上に、面接、一般常識試験があり、誰でも受けられるわけではありません。

これで解決!実務者研修のよくある質問まとめ

今日は実務者研修のよくある質問についてでした。

法律の改正により、介護の資格見直されていっています。

改正の年数は少し異なりますが、ホームヘルパー1級と、介護職員基礎研修は実務者研修に一本化され、ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修に変わりました。

カリキュラムが変わり、資格内容がかなり変わりました。

ですが、複雑だった介護福祉士を目指すための道などがわかりやすくなりました。

 

参考にして頂けたらと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ