介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)とは

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)とはnote_w_fusen

介護職員初任者研修という言葉はあまり聞いた事がありませんが、昔はホームヘルパー2級と呼ばれていました。

2013年4月から「ホームヘルパー2級」「介護職員初任者研修」へと変更になりました。

今回は介護職員初任者研修について書かせていただきます。

 

  1. 介護職員初任者研修について
  2. 介護職員初任者研修の必要性
  3. 介護職員初任者研修へ受験方法

 

この3つをポイントとして書いていきます。

参考にしていただけたらと思います。

1.介護職員初任者研修について

介護職員初任者研修とは

介護を仕事として携わる上で、必要な知識とノウハウを身につけられます。

終了後は訪問介護や老人ホームなどで活躍出来ます。

介護福祉士などを目指している方はまず、介護職員初任者研修を修了しておく必要があります。

前は訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修や介護職員基礎研修など様々な資格や研修が存在していましたが、今はわかりやすくするため介護職員初任者研修として研修を一本化しました。

 

介護職員初任者研修修了者ホームヘルパー2級研修相当

働く上で必要な基礎知識、技術を習得し、指示を受けながら介護業務を実践します。


介護福祉士
利用者の状況に応じた、介護や連携を行うための知識や技術を習得し、的確な介護を実践します。

 

認定介護福祉士

多様な利用者へ質の高い介護を目指します。

介護技術の指導や職種間が連携し、チームケアの質の改善をします。

2.介護職員初任者研修の必要性

介護福祉士になるためには……

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修ヘルパー、基礎研修修了者は一部研修免除

・基礎研修修了者:50時間の講習が必須

・ヘルパー1級修了者:95時間の講習が必須

・ヘルパー2級:320時間の講習が必須

「国家資格」 介護福祉士

 

介護職員初任者研修を受けてからではないと、介護福祉士にはなれないのです。

介護職員初任者研修になれても、介護福祉士になるためには、決められた講習を受けないといけません。

介護職員初任者研修は、介護福祉士になるための入門です。

3.介護職員初任者研修の受験方法

介護職員初任者研修について、3つ目は受験方法です。

介護職員初任者研修は通信教育のみで取得できる資格ではありません。

通学コースか、通信+通学コース2通りです。

試験だけではなく、実際に講習を受ける必要があります。

ですから、通信教育で受けたい人でも、決められた講習を受けないと資格は取れませんから、注意して下さい。

 

以上が介護職員初任者研修について、書かせていただきました。

介護職員初任者研修は、旧ホームヘルパー2級の事を言います。

ですが、ホームヘルパーとは、受験内容などが変わっていますので、ご注意下さい。

前より資格の取得の仕方がわかりやすくなっていますので、参考にしていただければと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ