介護職員初任者研修と訪問介護員養成研修の違いとは?

介護職員初任者研修と訪問介護員養成研修の違いとは?Print

今回は介護職員初任者研修と訪問介護員養成研修との違いについて書いていきます。

訪問介護員養成研修とはホームヘルパーの事です。

  1. 履歴書に書く時は?
  2. ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修に変更
  3. 介護職員初任者研修と訪問介護員養成研修の違いとは?

履歴書に書く時は?

ホームヘルパー2級の正式名称は“訪問介護員2級養成研修課程修了”と書きます。

介護職員初任者研修は、“介護職員初任者研修課程修了”と記載する事になります。

ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修に変更

ホームヘルパー2級は2013年3月に廃止され、2013年4月から介護職員初任者研修になりました。

ですが、ホームヘルパー2級の資格は2013年4月以降に、介護職員初任者研修の修了者としています。

改めて介護職員初任者研修の資格を新たに取らなくても、そのまま働くことが可能です。

しかし、履歴書に記載する際には「訪問介護員2級養成研修課程修了」と書いていきます。

訪問介護員養成研修の過程を修了した者を訪問介護員は、介護福祉士と共に介護行為を許された者です。

今はホームヘルパーと呼ばれています。

国家資格ではありません。

介護職員初任者研修と訪問介護員養成研修の違いとは?

従来の介護分野には、従来のホームヘルパー養成研修や介護基礎研修、介護福祉士など、様々な研修資格が存在していました。

よりわかりやすくするため、介護人材の定着を図るため、一本化しました。

ホームヘルパーは訪問介護員とも呼ばれていました。

ホームヘルパーは在宅の高齢者や障害者宅を訪問し、介護サービスや家事援助を行うホームヘルプ事業です。

介護サービスは、食事や入浴、排泄の介助です。

家事援助は、調理、洗濯、掃除の代行です。

利用者や家族へ精神的ケアを行い、家族に介護技術の指導について基礎知識や連絡が必要になります。

カリキュラムの違い

介護技術を習得する時間が増え、認知症に関する理解が増えました。

またホームヘルパー2級では介護現場での実習が30時間ありましたが、介護職員初任者研修では実習は必要に応じるとされています。

さらにホームヘルパー2級では修了後の筆記試験がありませんでしたが、介護職員初任者研修では修了時に筆記試験が行われ、それに合格しないと修了書が発行されません。

 

今回は訪問介護員養成研修と介護職員初任者研修との違いについて書かせていただきました。

訪問介護員養成研修とはホームヘルパーの事です。

ホームヘルパー2級は、介護職員初任者研修に変更されました。

介護職員基礎研修はホームヘルパー1級の事で、今は介護職員実務者研修です。

法律の改正により、少し変わりました。

参考にしていただけたらと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ