介護職員初任者研修の実技「修了試験」と「実技内容」

介護職員初任者研修の実技「修了試験」と「実技内容」 

study_daigakusei_woman

修了試験とは?

介護職員初任者研修の修了試験についてです。

全講習を受けた後、修了試験が行われます

筆記試験がある事は書いてありますが、実は学校によって実技まで行う所もあります

ですから修了試験は実技の復習もしておくと安心です。

介護職員初任者研修の修了試験の難易度は難しくありません

授業で出た所しか出ないので、テキストの復習で合格できると思います。

実技の内容は声かけから、実技方法まで実際にグループに分かれて復習を行う所もあります。

tokozure_nurse

実技内容とは?

介護職員初任者研修の実技内容についてです。

授業の中で行われる実技について書きます。

「車いすで移動の仕方」「体位の交換」「ベッドから車いすの移動」「シーツ交換」「着替えの仕方」などを授業で習います。

実際に行うと、とても難しい作業です。

段差で車いすを傾けすぎると、バランスが崩れ乗っている人はとても怖い思いをします。

そして車いすの傾ける角度によっては利用者が落下したり、バランスを崩すこともあります。

ベッドのシーツにしわがあると、床ずれ、今は褥瘡(じょくそう)が起きる可能性があります。

柔らかい肌に長時間当たるとその部分に痣が出来たり、膿んでくることがあり、最後にはそこが腐ってしまう場合もあります。

褥瘡などを防ぐためにも、実際に作業すると意外に難しいものです。

食事の介助の仕方も案外難しいものです。

誤飲をしてしまうと、気管に食べ物が入ってしまう事もあります

気管に食べ物が入ってしまうのはとても危険な事です。

健康な人は気管に食べ物が入ってしまっても、自力で咳をして気管から食べ物を出せますが、弱ってしまっている人は咳こんでも気管から食べ物を出せない事があります。

ですので、食事の介助も気を使う必要があります。

実際に利用者の役をしてみると、介護する側では気づかないちょっとした危険や、恐怖などがわかってきます。

安全に行うためには実際に利用者役をする必要もあります。

relax_boy

自身の怪我予防も必要不可欠

利用者の怪我が無いようにはもちろんですが、自分自身も怪我に気を付けないといけません

力をいれずに重いものをもって腰を傷める事があります。

それと同じように介護も気を付けないと、腰や体を傷めてしまう場合があります。

移動する時、方法によっては、体に負担をかけない移動方法があります。

学校ではそういう方法を教えてもらえます。

今回は介護職員初任者研修の実技についてです。

修了試験には筆記試験だけではなく、実技があるところもあります。

ですので、実技の復習もしておくと安心ですね。

基本的に授業で習った所しか出ないので、安心して下さい。

参考にしていただけたらと思います。



無料で通信資格をまとめて資料請求↓
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護の転職をお考えなら!当サイトで口コミ等を調べました↓
介護士さんの転職[スマイルSUPPORT介護]の特徴と口コミを調べました!

高自給の介護求人[きらケア]の特徴と口コミを徹底調査!↓
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑

わがまま検索OK!介護専門の求人サイトはこちら↓
高時給が魅力!介護士の派遣・求人[きらケア]の特徴と口コミ
スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【介護職員初任者研修と実務者研修の資格のすべて】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ